AUTO MESSE WEB 編集部
自動車を趣味とする人すべてに向けたニュース&情報サイトです。カスタマイズ、参加型モータースポーツ、旧車、福祉車両、メーカーワークス、アウトドアの6ジャンルを展開! お役立ち情報が盛りだくさんです。

AUTO MESSE WEB 編集部 記事一覧

「ガソリン価格」が7週間連続値上がり中!「トリガー条項」発動で安くなる可能性は?

ガソリンの値上がりが止まらない。経済産業省資源エネルギー庁が発表した2021年10月18日のレギュラーガソリンの全国平均価格は、1リットルあたり164.6円で、前の週より2.5円高くなっている。これで値上がりは7週連続となり160円以上が3週間連続となる。
2021.10.22

やんちゃ過ぎた昭和の「ホットハッチ」! 若者文化をリードした「初代シティターボ」という衝撃

ホンダが1981年にリリースしたコンパクトカー「シティ」。登場から一年でターボモデリが追加された。ハイパワーエンジン搭載に加え「音楽体感シート」の採用など、開発陣の情熱が伝わってくるホットハッチだった。元気いっぱいだったホンダ車を振り返る。
2021.10.21

ここまで快適なら、もはや走る「ベッドルーム」! 意外な「車中泊カー」5選

コロナ禍ということもあり、密を避けられるレジャーとしてアウトドアが人気だ。とくに車中泊は、アウトドアとクルマが好きな人にとって一度は経験してみたいと思う人も多いだろう。そこで、キャンピングカーでなくても楽しめるクルマを5台紹介しよう。
2021.10.20

価格高騰中の「モトコンポ」も衝撃的だった! 元気なホンダを象徴した、明るく楽しい「初代シティ」

1981年に登場したホンダの初代シティはインパクトがとても大きかった。「背が低い方がかっこいい」とされる時代にあえてトールボーイスタイルを採用、後のフィットのような高効率パッケージを実現していた。ラゲッジに搭載可能なモトコンポも時代を先取りしていた。あの衝撃を振り返る。
2021.10.19

日産初のハードトップ車は「ローレル」「スカイライン」「バイオレット」のうちどれ? 超希少なカタログで振り返る

日本車で初のハードトップボディを採用したのは1965年に登場したトヨタ・コロナだった。では日産初のクルマは何だったのか? じつは1968年に登場した初代ローレルが最初だったのだ。ここでは日産車のハードトップを登場順に6台振り返ってみよう。
2021.10.18

「スカイライン」「RX-7」「スープラ」「ポルシェ944」!「スポーツFR」の傑作車はどれだ

FR車の魅力はより積極的にアクセルを踏んでハンドルを切り足していける操縦性の自由度にある。1980年代に乗用車の駆動方式はFFに主流が移っていくが、90年代になってもコントロール性に優れ、素直なハンドリングが高評価された珠玉のFRスポーツがあった。 
2021.10.17

実は「ド旧車」より維持が困難! 憧れの「ネオクラシックカー」を買う前に絶対チェックすべきポイント3カ条

80〜90年代の誕生した、ネオクラシックカーと呼ばれるクルマたち。40代以上では古いクルマという印象はないかもしれないが、20代からすれば立派な旧車……。そんな高騰化するネオクラシックカーを購入する際、気をつけるポイントはどこにあるのだろうか?
2021.10.16

「ネオクラGT-R」に「ピンク86」! オンナだらけのカーショー「GCC 2021」で愛車拝見

2021年9月に開催された「GARLS CAR COLLECTION 2021」。イベント会場は、まるでクルマのファッションショーといえるコンテンツ盛りだくさんで女子による女子のための華やかなカーショー。参加したクルマ女子のなかから注目車両をレポート!
2021.10.15

面倒すぎる「アウトドア用品のお手入れ」! メンテナンスは「キャンプ場」で行うのが「正解」だった

キャンプ用品を長年使っていると不具合も多くなってくる。そこで大事なのが日ごろのメンテナンスだ。しまってあるキャンプ用品をわざわざ出して、家でメンテナンスするのは正直面倒。そうならないためにおすすめしたいのが、撤収しながらのメンテナンスだ。
2021.10.14

ダイハツの「エンジン屋」魂が炸裂! ライバルを制したハイパワー軽「フェローMAX」はスゴかった

ダイハツ初の軽自動車「フェロー」は初代、2代目と革新的技術を搭載して登場しました。ホンダ、スズキ、スバルたちと繰り広げられていた軽自動車「戦国時代」で力を見せつけ、ついに1970年代初頭に2代目のMAXでライバル達に勝る馬力競争にも勝利しました。
2021.10.13