WEB CARTOP 編集部
あらゆるクルマ好きに向けて自動車の情報・ニュースをお届けする総合ニュースメディアです。新車情報、メンテンナンス情報、コラム、イベント、モータースポーツまで幅広く配信しています。

WEB CARTOP 編集部 記事一覧

ガソリンは原油から! では燃料電池車や水素エンジン車で使う「水素」はどこからもってくる?

「電気」とともに次世代エネルギー源と目される水素。実際、トヨタは水素を燃料とするMIRAIを発売しているし、ほかにもFCVの研究をしているメーカーは多い。しかし、水素は自然界にほとんど存在していない。ここでは、どうやって水素は作られているかを解説。
2021.11.19

「新車って値引きできるの?」なんて人から「値引きを断る」人まで存在! イマドキの新車値引き事情

かつて新車購入時の値引き交渉は当たり前だった。いまは値引きできることを知らない人もいる。その場合も少なめではあるが、値引きをするという。輸入車については百万円台の値引きも珍しくない。現在の新車ディーラーの値引き事情を解説する。
2021.11.15

高速120km/h時代にもかなりある! ターボが選べない軽自動車5台とその理由

今や当たり前なダウンサイジングターボ。この恩恵を受けたのは小型車だ。小さなエンジンでハイパワーを得られるので、先進装備などで重くなった車体を楽に走らせられるようになった。その一方で、なんと未だにNAしか選べない軽自動車が結構ある。紹介しよう。
2021.11.15

5億円に迫る勢いで爆騰中のフェラーリF50!その中身は乗り心地度外視の「公道を走るF1」だった

フェラーリが自身の創立50周年を記念するモデルとして1995年に限定349台で発売したF50。F1由来の最新技術をふんだんに盛り込んだF50は、F1マシンにもっとも近いスペチアーレといわれるが、そんなF50の価値が、近年爆騰中だ。その理由を解説する。
2021.11.14

驚異の偶然か寄せたのか「双子のような」激似っぷり! 他メーカーなのに「そっくり」デザイン車3組

クルマのデザインはそれぞれの個性が大切で、デザイナー陣が創意工夫を凝らして設計、開発をするものだが、時に全然違うメーカーのクルマなのにそっくりなクルマが生まれてしまうことがある。今回はそんなそっくり同士のクルマを集めてみた。
2021.11.11

タイヤに乗る! バンパーに座る! 愛車と映えショットを撮るのにやってはいけないこととは

愛車と記念撮影をする際、ポージングによって車両にダメージがかかることはないのだろうか? 前後バンパーに寄りかかったり、タイヤの上に乗るぐらいなら大抵問題はない。しかし、素材によっては破損の恐れがあるなど、いくつか注意すべき点が存在する。
2021.11.10

1000円だけ給油! 4輪別銘柄のタイヤ! 車両はお下がりのポンコツ! 食費を削ってでもクルマに命をかけた昭和のカーマニアあるある6つ

昔は何としてでもクルマがほしいという人が多かった。モヤシを食べてガソリン代を捻出、暑い日もエアコンを使わない、ボロボロの個体を譲り受けるなど、かなりの無理をしていた人も。この記事では昭和ならではのクルマ好きエピソードを紹介したい。
2021.11.09

1000馬力超えが当然のパワーインフレ! スーパーカーが可愛く見える「ケーニグセグ」って何もの?

空軍基地の跡地に本社を構え、かつては戦闘機が収納されていたハンガーをガレージにし、滑走路で最高速テストを行うハイパーカーメーカー「ケーニグゼグ」。この記事ではケーニグゼグが生み出してきたハイパーカーを振り返ってみたい。
2021.11.08

全部「ガルウイング」は間違い! 呼べば確実に「通ぶれる」跳ね上げドアの「正式名称」3つ

日本ではランボルギーニ・カウンタックに代表される跳ね上げ式ドアのことを一緒くたに「ガルウイング」と呼ぶ人が多いが、実はそれは間違いだ。跳ね上げ式ドアにもいくつか種類があり、呼び名もそれぞれ異なる。跳ね上げ式ドアの見分け方と名称を解説する。
2021.11.07

MT車の駐車で入れておくギヤは「何速」が正解? 同時に必須だけど「ほとんどの人がやらない」こととは

MT車を駐車する際にはシフトをニュートラルではなく、何速かに入れておくと教習所では習う。その際、上り坂の場合は1速、下り坂ではRという話もある。果たして何速に入れておくのが正解か? また、じつは同時にやっておくべき安全対策があるという。
2021.11.07