WEB CARTOP 編集部
あらゆるクルマ好きに向けて自動車の情報・ニュースをお届けする総合ニュースメディアです。新車情報、メンテンナンス情報、コラム、イベント、モータースポーツまで幅広く配信しています。

WEB CARTOP 編集部 記事一覧

キレイ好きは「ガマン」が必要! 洗車は「少ないほうがいい」とプロが断言する理由とは

洗車の達人として数々の書籍を執筆し、洗車補修用品の開発アドバイザーも務める青山尚暉さん。40年以上の洗車歴の末に導き出した結論が、「洗車はなるべくしないほうがいい」だった。洗車ブームの一役を担った青山さんはなぜこの結論に至ったのかを解説する。
2022.07.03

どんなことをする? 料金は? いま話題の「自動車運転外来」の中身

警視庁が公表した2021年度の交通事故死亡者数の57.7%は65歳以上の人。高齢ドライバーによる交通事故増加はいまや社会問題となっている。そこで開設されたのが「自動車運転外来」。一体どのようなことが行われるのだろうか? 
2022.07.03

「このクルマ売りませんか?」というチラシが愛車に挟まれていたら「窃盗団」にマークされている可能性アリ!

駐車していたクルマに「この車を買取します」という旨のチラシが挟まれていることがある。これは自動車窃盗団の下見の印の場合もあるため、注意が必要。すぐにチラシを取り除き、盗難対策を講じるべきだ。今回は有効な対策方法について詳しく解説する。
2022.07.03

クラクション使用は違法! 静かなEVであえて「音」を出す愚策! 歩行者用の「ほんわかホーン」搭載を禁じる日本の法律の愚かさとは

前走車や歩行者への注意喚起のために何気なくクラクションを鳴らしている人も多いと思うが、これは厳密には交通違反として罰せられる可能性がある。EVでは接近通報音が義務化されているが、その音色に規定はない。遭遇する可能性のある危険について考えた。
2022.07.02

男性の1位はフィット! 女性の1位はラパン! 若者の「初のマイカー」が面白すぎる結果だった

ソニー損保が3年以内にはじめてマイカーを購入した18歳〜39歳の男女を対象にアンケートを実施。初めて買った車種や購入前の運転歴などが明らかとなった。また都市部ではレンタカーやカーシェアの利用が多数。アンケート結果からわかることについて解説する。
2022.07.02

なんと2022年に新型登場って正気か!? 100年も実用性ゼロの「3輪車」を作り続ける「モーガン」の衝撃

21世紀になってもフレームの一部にウッドを使用したクルマをリリースしていることで知られるモーガンから、3ホイラーの新型、「スーパー3」が登場した。じつは3ホイラーはモーガンのラインアップの中でもダントツに長い歴史を誇る由緒唯式モデルだった。
2022.07.02

地元じゃ運転できるけど東京はムリという人多数! 大都市部での運転が怖く感じる5つのポイント

運転の作法やマナーなどには地域差がある。都会でのクルマの運転が緊張するという人は少なくない。そこでこの記事では、都会での運転が怖いと感じるポイントを解説したい。
2022.07.01

「ディーゼルにガソリン」「ガソリン車に軽油」! 燃料入れ間違えはたとえ走れても深刻なダメージを負う可能性大

セルフ方式のガソリンスタンドが普及して久しい。便利である反面、燃料の入れ間違いなどのトラブルが起こることも。その際クルマに起こることとは? ガソリン車への軽油の補給時の症状の詳細や、万が一間違えてしまった際の対処法を解説する。
2022.07.01

梅雨前に施工必須の「ガラス撥水剤」! 買うときは裏面の「成分表示確認」が重要だった

窓に塗ることで撥水効果が得られるガラスコーティング剤。雨粒が飛ぶことで視界がクリアになり、水膜によるギラツキも防げる便利なアイテムだ。このガラスコーティング剤には2タイプが存在する。差を押さえておけばよりよいアイテム選びができる。
2022.06.30

なぜ「車中」じゃなく「車上泊」なのか? もちろんある「なんとなく楽しそう」以外のメリットとは

車中泊は日本の自動車文化のひとつ。いま車中泊ならぬ「車上泊」が注目されている。汎用のルーフキャリアを取り付け、その上にルーフテントを載せるというのが基本的な方法だ。あえて車中泊ではなく車上泊を選ぶことにメリットはあるのだろうか?
2022.06.30