WEB CARTOP 編集部
あらゆるクルマ好きに向けて自動車の情報・ニュースをお届けする総合ニュースメディアです。新車情報、メンテンナンス情報、コラム、イベント、モータースポーツまで幅広く配信しています。

WEB CARTOP 編集部 記事一覧

自衛隊車両が履く「コンバットタイヤ」って何?

未舗装のラフロードや岩場など、乗用車よりも遥かに過酷な状況での走行を強いられる軍用車両は、いかなる状況でも機動力を失ってはならない。そんな軍用車両が履いているコンバットタイヤとはどんなタイヤなのかを解説する。
2022.04.27

「関東仕入れ」「雪国モノ」って鮮魚か野菜? 中古車は「産地」にも注意が必要だった

中古車価格は全国均一化が進んでおり、査定額に差はないとされている。しかし雪国で使用されていたクルマは今でも安価だ。安いからといって気軽に手を出してしまうと、品質に問題があることもある。今回はこのようなクルマを購入する時の注意点を解説したい。
2022.04.27

かつてはフェラーリ圧勝もいまやランボルギーニが僅差に迫る! それでも販売台数の「逆転」がないと言い切れるワケ

過去最高のセールスを記録して絶好調のランボルギーニ。かつて、ランボルギーニとフェラーリは、販売台数で5倍近い差があったが、近年はSUV「ウルス」の登場でランボルギーニがフェラーリに迫っている。果たしてランボルギーニはフェラーリを超えられるのか?
2022.04.27

バンライフで「アガる」こと確実! 日本中ドコへ行っても「視線集中」の超個性派オシャレバン3台

いま車中泊をメインにして生活をする「バンライフ」がブームになっている。そうした個性的な趣味だからこそクルマも個性を主張したい人は多いのではないだろうか? 今回は一風変わったバンライフが楽しめること請けあいの、個性的なバンを紹介しよう!
2022.04.26

もはや新車のスーパーカー並って異常だろ! 新車の2倍3倍当たり前の「1000万円オーバー」中古国産スポーツ3選

国産中古スポーツカーの高騰が止まらない。世界中から注目が集まっていることと、現在では同じようなクルマがないことなどが理由とされている。そこで今回は、そんな高騰を続けるスポーツカーの中でも、1000万円を超えるような車両をピックアップしてみた。
2022.04.26

跳ね馬も筆の誤り! 王者フェラーリの「やっちまった」モデルとは

量産モデルは発表直後から長期納車待ちになり、限定モデルは発表時点でソールドアウト状態のフェラーリ。いまや絶好調のフェラーリ。そんなフェラーリにも、かつては箸にも棒にもかからないような「やっちまった」モデルがあった。そんなモデルを紹介する。
2022.04.26

一発屋並のブームで終わった! クルマの「センターメーター」がほぼ消滅した理由とは

センターメーターは、スピードメーターやタコメーター、燃料系などの計器類をダッシュボードの中央に配置する。初代プリウスに採用されて以降、採用車種が増えた。しかし現在は廃れており、モデルチェンジで元に戻すクルマも多かった。理由について解説する。
2022.04.25

名前を聞けば「そういえばあった気も……」レベル! ハッキリ言って不人気だけど「中身は一級品」の日陰のクルマ4台

軽自動車をはじめ、セダンやミニバンやSUVなど、どんなボディタイプのクルマも揃う日本。それ故にどうしても目立たないまま生産を終えてしまうクルマも数多く存在してしまう。そこで今回は、「目立たなかったけどよかったクルマ」を集めてみた。
2022.04.25

なぜ2倍も違う? MT車よりAT車のほうが「事故率」が高いワケ

AT車よりMT車のほうが事故率が低いと言われることがある。2ペダルのAT車は誰もが簡単に運転できるのに対して、運転操作が単純なため注意力が散漫になりがち。またペダルの踏み間違い事故が起こるのもAT車だ。そのほか考えられる理由について詳しく解説する。
2022.04.19

スーパーカー扱いしてるのは日本だけ! 昭和の少年の心を鷲づかみにしたペッタンコカー「ロータスヨーロッパ」の真実

1970年代に巻き起こったスーパーカーブームでは、フェラーリやランボルギーニと並んでロータス・ヨーロッパも人気だった。しかし、実際のロータス・ヨーロッパは、スーパーカーと呼べるようなクルマではなかった。ロータス・ヨーロッパの正体を振り返る。
2022.04.18