株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「繊維用化学品の世界市場 (~2026年): 繊維タイプ (天然・合成)・製品タイプ (コーティング剤・サイジング剤・着色剤&助剤・仕上げ剤・のり抜剤・界面活性剤)・用途 (アパレル・ホームテキスタイル・テクニカルテキスタイル)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を10月13日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1027156-textile-chemicals-market-by-fiber-natural.html




繊維用化学品の市場規模は、2021年の265億米ドルからCAGR4.6%で成長し、2026年には331億米ドルに達すると予測されています。同市場は、テクニカルテキスタイルの需要が拡大していることが原動力となっています。また、繊維製造に低VOCや生分解性材料の採用が進んでいることも、同市場の成長に有利な機会をもたらすと予想されます。

COVID-19繊維用化学品市場への影響

繊維用化学品市場には、Dow, Inc. (米国)、BASF SE(ドイツ)、Wacker Chemie AG(ドイツ)、Huntsman Corporation(米国)、Solvay(ベルギー)など、主要なTier IおよびTier IIサプライヤーが存在し、アジア太平洋地域、欧州、北米、その他の様々な国に製造施設を持っています。繊維化学品市場は、2020年から2021年にかけて、COVID-19パンデミックの影響を受け、建設プロジェクトの材料、労働力、主要なコストの全ての要素にマイナスの影響を与えており、繊維化学品の生産を停止した国もあります。APAC(アジア太平洋)と北米は、最終用途産業向けの繊維化学品の主要な生産国です。多くの製造拠点で操業が停止しているため、市場のサプライチェーンに混乱が生じています。

牽引要因:テクニカルテキスタイルの需要増加

テクニカルテキスタイルは、特定の目的のために設計された特殊な素材や布地のことです。通常の布地とは大きく異なる、独自のユニークな特性を持っています。これらのテキスタイルは、高度な技術と、機械的耐性、弾力性、補強、防塵、粘り強さ、断熱性、耐熱性、耐火性、紫外線や赤外線への耐性などの改良された特性を兼ね備えています。また、一般的に、自動車、医療・衛生、スポーツ・レジャー、汚染防止・ろ過、農業、工業、包装、衣料などの非審美的な用途に使用され、その特性の付与に繊維化学品が採用されることから、同市場の需要を促進しています。

テクニカルテキスタイルは、その魅力と適応性の高さから、世界の繊維産業の中で最も革新的な製品分野の一つとなっています。自動車産業や医療産業の継続的な拡大は、テクニカルテキスタイルの需要を継続的に高めています。中国やインドなどの新興国では、さまざまな分野で最新の技術や製造プロセスを採用することが重視されており、テクニカルテキスタイルの採用と同時に、繊維用化学品の需要も増加しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1027156-textile-chemicals-market-by-fiber-natural.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ