Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「世界の直接メタノール型燃料電池(DMFC)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2021年06月 03日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10326759


レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

世界の直接メタノール型燃料電池(DMFC)市場は、2022に425百万米ドルの市場価値から2030末までに554百万米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に3.6%のCAGRで拡大すると予測されます。

成長に影響を与える上位のマクロ経済指標:
世界の電力消費量(TWh)、セクター別、2017年





ソース:IEA(国際エネルギー機関)
直接メタノール型燃料電池 (DMFC) は、化学エネルギーを電気エネルギーに変換し、バッテリーやディーゼル エンジンの代替として使用されます。ゼロエミッション源への需要の高まりと、クリーンエネルギーと再生可能エネルギー資源の利用に関する意識の高まりは、市場の成長を促進する主要な要因です。さらに、顧客の需要、技術革新、およびコスト競争力の上昇は、市場の成長をサポートします。

世界的に工業化が進み、クリーン エネルギーの需要が高まり、直接メタノール型燃料電池 (DMFC) の需要が増加しています。DMFC は、製造業、自動車部門、医療用途で使用されています。環境への排出の影響が増大しているため、世界中の政府と企業は、クリーン エネルギー源の採用を支援するための投資技術を組み込むと予測されます。

2020年12月、現代自動車は2030年までに67億米ドルを投資し、燃料電池の生産を200倍に増強すると発表した。これはまた、メタノール燃料電池の成長を促進します。さらに、生産基盤を強化し、市場シェアを拡大するために、市場プレーヤーの間でM&A戦略が世界中で採用されています。

エネルギー需要の増加と持続可能な経済を促進するための持続可能なエネルギー戦略の実施につながる人口の増加は、世界の直接メタノール型燃料電池(DMFC)市場の成長に大きく貢献しています。IEA(国際エネルギー機関)の統計によると、2017年の世界の総発電量は2016年と比較して2.5%増加しました。その中で、OECD諸国の総発電量は11,051 TWhでしたが、非OECD諸国では14,670TWhを記録しました。環境への影響を考慮しながら、増大するエネルギー需要を満たすためのイニシアチブの増加は、今後10年間で世界の直接メタノール型燃料電池(DMFC)市場の成長を促進すると推定されています。2017年には、インド、ロシア、ブラジルの中で非OECDの4大国の1つである中国で最も多くの電力(46.7%)が消費され、世界の消費量の37.2%を占めています。

市場セグメンテーション洞察

世界の直接メタノール型燃料電池(DMFC)市場は、タイプ別(高分子/固体高分子型燃料電池(PEMFC)、溶融炭酸塩型燃料電池(MCFC)、固体酸化物形燃料電池(SOFC)、リン酸型燃料電池(PAFC)、その他)、用途別(携帯用、輸送用)、コンポーネント別 (電極、膜、システムのバランス、スタックのバランス) および地域別別などによって分割されています。レポートは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

世界の直接メタノール型燃料電池(DMFC)市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなど地域によって分割されています。

北米は、いくつかの分野で再生可能エネルギー資源を高度に利用するための技術的進歩の増加により、世界中で主要な/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域も、2022- 2030 年の予測期間中に高いの成長率 / CAGR を示すと予想されます。中国、インド、日本などの新興経済国での工業化の進展や、環境への有害な排出ガスの影響を減らすための政府の取り組みなどの要因は、市場で有利な成長を生み出すと予測されます。

世界の直接メタノール型燃料電池(DMFC)市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

世界の直接メタノール型燃料電池(DMFC)市場における業界のリーダー
Antig Technology Co., Ltd. (台湾)
Viaspace Inc. (米国)
Neah Power Systems, Inc. (米国)
PolyFuel, Inc. (米国)
Oorja Protonics, Inc. (米国)
Samsung SDI Co Ltd (韓国)
Toshiba Corporation (日本)
Fujikura Ltd. (日本)
Panasonic Corporation (日本)
MTI Microfuel Cells Inc. (米国)

これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/global-direct-methanol-fuel-cells-dmfc-market/10326759

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ