株式会社ぐるなび
新型コロナウイルスの影響を受ける生産者・卸等と飲食店をつなぎ販路多角化支援へ

飲食店は生産者・卸等の通常販売価格の最大半額でテイクアウト・デリバリー・キッチンカー等の販売で利用できる食材調達が可能に!


株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、農林水産省「令和2年度国産農林水産物等販売促進緊急対策事業 品目横断的販売促進緊急対策事業」の一環として、新型コロナウイルスの影響を受ける全国の生産者・卸等と飲食店の販路多角化支援を目的に、2020年7月上旬に飲食店向け国産食材ECサイト「ぐるなびFOODMOLL~Farm to Restaurant to Table~(以下、ぐるなびFOODMALL)」をオープン。5月29日(金)より飲食店の先行登録を開始します。(https://foodmall.gnavi.co.jp/pr/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う訪日外国人の減少や輸出の停滞等により、国産農林水産物の在庫の滞留、価格の低下が顕著となっています。また緊急事態宣言の発出による外出自粛により、飲食店は通常営業が困難となり、厳しい経営状況におかれました。このような状況から、生産者・卸等と飲食店をつなぎ販路多角化支援を目的に飲食店向け国産食材ECサイト「ぐるなびFOODMALL」を7月上旬にオープン。サイトオープンに先駆けて本日より飲食店の先行登録を開始します。

本サイトでは、和牛肉、マグロ類、ホタテガイ、ブリ類、マダイ、フグ類、 ウナギ、メロン、マンゴー、いちご、リーフ茶などを対象とし(対象品目は随時追加)、生産者・卸等は商品を出品。飲食店は出品者の通常販売価格の最大半額(※)で購入が可能となります。飲食店におけるデリバリーやテイクアウト・キッチンカー販売用の食材として活用いただくことで、販路の多角化を推奨し売上確保を目指します。

ぐるなびは、「日本の食文化を守り育てる」という企業使命のもと事業を進めています。今後も全国の生産者・卸等と飲食店のサポートを継続的に推進してまいります。
(※)食材ごとに補助金額の上限があります。半額にならない場合もあります。

■「ぐるなびFOODMALL」概要


・サイトオープン:7月上旬予定
・登録開始日 :2020年5月29日(金)
・登録用URL https://foodmall.gnavi.co.jp/pr/
・参加対象者 :全国の生産者・卸等と飲食店 ※事前登録が必要となります



・飲食店参加条件:
テイクアウト・デリバリー・キッチンカーでの販売等に取り組まれる、または、新商品(新メニュー)を開発してデリバリー等で販売頂ける飲食店の方などが対象となります。 ※詳細は先行登録用サイトの登録規約よりご確認ください
・販売対象品目
和牛肉、マグロ類、ホタテガイ、ブリ類、マダイ、フグ類、ウナギ、メロン、マンゴー、いちご、リーフ茶などの食材および、テイクアウト・デリバリー用の包装資材。 ※対象品目は随時追加します
・販売の流れ
1.生産者・卸等が商品情報をぐるなびへ提供
2.ぐるなびがサイト上に商品を掲載・告知
3.飲食店は、希望する商品をサイトから購入(その価格は通常の販売価格の最大半額になっています)
4.生産者・卸等が飲食店へ商品を発送
5.農林水産省が最大半額分の金額を補助
6.ぐるなびが生産者・卸等へ売上金をお振込み
・メリット
1.生産者・卸等
在庫の滞留や価格の低下等に直面する農林水産物の販路拡大。
2.飲食店
通常販売価格の最大半額で購入が可能。テイクアウト・デリバリー等の販売に役立てる。

本事業の流れ
※通常販売価格¥1,000の産品の場合




※生産者通常販売価格(¥1,000)がお振込みとなります。ただし、飲食店が購入した際のクレジット決済手数料を差し引いた額で振込いたします。
※送料も半額となります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ