株式会社扶桑社
日本で400万部、全世界で累計2800万部突破し、今もなお読まれ続けている世界的ベストセラー『チーズはどこへ消えた?』2000年11月27日に株式会社扶桑社より発売された本書は2020年の今年、発売から20周年を迎えましす。 20周年を記念して、『チーズはどこへ消えた?』の公式サイトを刷新。 新たにデザインを一新し、動画コンテンツなどの追加を行いました。 リニューアルした『チーズはどこへ消えた?』新公式サイトのURLはこちらから →https://www.fusosha.co.jp/special/cheese/


『チーズはどこへ消えた?』新サイト
サイト内では
●『チーズはどこへ消えた?』が20年愛され続けるその内容とは?
●20周年を記念したキャンペーン情報などのトピックス
その他、書店展開写真や動画、読者、書店員様のよる感想などのコンテンツを展開しています。

■文学Youtuber ベルさんが『チーズはどこへ消えた?』を解説!



■チーズはどこへ消えた?のあらすじ
「迷路」の中に住み、「チーズ」を探す二人の小人ヘムとホーと、二匹のネズミ、スニフとスカリーの寓話物語。
 ある日突然、二人と二匹が毎日食べていた大好きなチーズが消えるという予期せぬ事態が発生。
 ネズミのスニフとスカリーは、早い段階で反応し、チーズを探しに出かけました。
 残された小人の二人ヘムとホーは、いつしかチーズが出てくることに期待して留まり続けることも考えましたが、ホーは「このままでいても、事態は好転しない」と、チーズを探しに出ることを躊躇うヘムを残し旅立ちます。
 この模様は「変化に順応し行動を起こす大切さ」を説いており、現実世界において、時代や状況の急激な変化にいかに対応すべきかといった人生の様々な局面を象徴しているよう。
 キャラクターたちのやりとりから、変化を恐れぬことの大切さ、心構えや行動など変化に対してどのように探知して順応していくかのヒントを得ることができます。

■『チーズはどこへ消えた?』新公式サイト企画・制作
企画:株式会社 扶桑社
制作・デザイン:株式会社 ビーワークス


■書籍情報

『チーズはどこへ消えた?』
タイトル:『チーズはどこへ消えた?』
著者:スペンサー・ジョンソン
訳者:門田美鈴
発売:2000年11月27日
定価:本体838円+税
判型:B6判
発売元:株式会社 扶桑社
ISBN:978-4-594-03019-3

■『チーズはどこへ消えた?』著者プロフィール
スペンサー・ジョンソン(Spencer Johnson, M.D.)
多くの企業やシンクタンクに参加し、ハーバード・ビジネス・スクールの名誉会員に列せられている、アメリカ・ビジネス界のカリスマ的存在。経営学の古典的名著でありロングセラーの『1分間マネジャー』(共著、ダイヤモンド社刊)をはじめ、『1分間意思決定』(ダイヤモンド社刊)、『プレゼント』(扶桑社刊)など多数の著書を発表。心理学者であり、心臓のペースメーカーの開発にたずさわった医学博士。
著書のなかでも、寓話に託して、変化にいかに対応するべきかを語った『チーズはどこへ消えた?』(扶桑社刊)は、ビジネスマンのみならず、働く女性たちや主婦層、小学生から高齢者まで、広範な読者に受け入れられ、400万部を超える爆発的なヒットを記録。その後、『頂きはどこにある?』(2009年/扶桑社刊)を刊行。当時、経済危機のアメリカでビジネスマンの強い支持を得る。2017年、78歳で逝去。

■『チーズはどこへ消えた?』その他リリース
●2020年11月4日配信
「2020年11月の『チーズはどこへ消えた?』発売20周年を記念して4色の限定カバーが登場!」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000583.000026633.html
●2020年11月2日配信
「『チーズはどこへ消えた?』はなぜベストセラーになったのか。編集者への特別インタビューをYouTubeで配信!」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000580.000026633.html
●2020年5月29日配信
「これからの時代、可能性(チーズ)がいっぱい。『チーズはどこへ消えた?』特別デザインの広告を日本経済新聞に掲載」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000471.000026633.html

■本書の内容、取材などについては下記へお問い合わせください
株式会社扶桑社 宣伝部 PR担当
Tel: 03-6368-8863
Mail:fusoshapr@fusosha.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ