株式会社STARBASE
会場:臼田総合福祉センター あいとぴあ臼田 (長野県佐久市下越16−5)

 経済産業省と株式会社STARBASE(場所 : 東京都港区、代表 : 日高良太郎)は、長野県佐久市のあいとぴあ臼田にて、次世代エンターテインメントを率先する若手アイコンたちが台風19号による被災地復興支援を行うプロジェクト『YOUR RESTAURANT』の第2弾イベントを2020年2月23日(日)に開催致しました。



◆若手アイコンたちによる被災地支援プロジェクト『YOUR RESTAURANT』


2019年、大型の台風で被災した千葉県、長野県、宮城県の3エリアで開催される1日限定のレストラン『YOUR RESTAURANT』。 「復興の活力となる楽しい時間を提供すること」 を目的に、若手アイコンたちが被災地を訪れ、地元の方々や集まった若者達と一緒に“楽しい時間”をつくりだし、「食」という体験を通して、地元の方々を元気にし、そして全国へ復興のメッセージを届けます。
今回、第2弾となる被災地プロジェクトには千葉県館山市で開催した第一弾にも参加した、モデル・俳優・アーティストとして活動するYOSHIに加え、恋愛リアリティショーへの出演をきっかけに10代の女子から絶大な人気を誇る古田愛理が参加いたしました。
イベントに参加した2人は集まった地元の方々30名との交流を楽しみ、自身で体験したことをそれぞれのSNS等で発信するなどして佐久の魅力を日本中に届けました。

■ 避難所を若いアイコンの力でエンターテインメント空間に
 佐久市で開催される会場は、台風19号で被災した際の避難所にもなった臼田総合福祉センター「あいとぴあ臼田」です。避難所という場所には、大変な時間を過ごしたネガティブんだイメージが強く残っているかもしれません。しかし今回のプロジェクトでは時代を代表する若者のエンターテインメント力と地元の食材を使った美味しい料理で、集まった人達に笑顔を届け、避難所を少しでも楽しい空間に変え楽しい空間を作り出すことを目的にしています。

イベント当日はYOUR RESTAURANTのオープンを前にYOSHIと古田愛理の2人が佐久市内を観光。
 東京都・自由が丘、兵庫県・神戸市と並ぶ「日本三大ケーキの街」である佐久市のスイーツや、江戸時代から続く鯉食文化を体験したり、佐久平を一望できる平尾山公園で景色を眺めたり、佐久市の魅力に触れ大満足の2人。

 16時からスタートしたイベントには地元の方、約30名が参加。地元作の食材を使った料理を堪能しつつ、YOSHIや古田愛理との交流を楽しみました。オープニングの挨拶で佐久市長 柳田氏は「このような形での復興支援は新しく、夢のようなレストランを佐久市で開催できるのは誇らしく思う。復興はこれからも全力で支援していくので今宵は全力で楽しんで欲しい」と挨拶。また、ゲストとして登場したYOSHIが「台風の時は、本当に大変だったと思いますが、少しでも元気を分けられれば。」とコメントすると、古田愛理も「今日は、地元の方々と楽しみたい」とコメントしました。

YOUR RESTAURANTの料理は全て、世界各国の料理をフルカスタムオーダーで作り空間装飾も手がけるケータリングサービス「Globe Caravan」を展開する寺脇加恵さんが担当。寺脇さんは今回佐久市で提供する食事について、台風19号で水田の被害が大きかったこと、佐久市周辺では寒さのために発酵食文化が根付いていることから「お米と発酵」をテーマに料理を作ったと説明。全ての皿に発酵食品を使用し、油も抑えているため全世代の方に食べて欲しい料理だと語りました。

 料理が運ばれると集まった地元の方からは「おお!」「綺麗!」などと驚きの声が上がり、YOSHIはコメントを求められると開口一番に「スーパー美味い!」と一言、古田愛理も「ほっぺたが落ちた」などと、2人とも会場に集まった地元の方々との食事を楽しんでいる様子でした。

 イベント終了後、 YOSHIが「自分ができることは全てできた。またこの地に帰ってこれるように頑張りたい」と話すと、古田愛理は「私の方が地元の方々からパワーをもらえました。」感想を話しました。




■ 佐久の様々な魅力をSNSで発信
 YOSHIと古田愛理の2人は、龍岡城五稜郭をはじめ、ほのBuonoタルト屋さん Bambina~バンビーナ~や知る人ぞ知るスポットであり、桜・紅葉など季節の風物詩が楽しめる平尾山公園、吉澤淡水魚と佐久でしか楽しむことのできない景色や食事を楽しみ、それぞれのSNSで佐久の魅力を発信しました。

 日本で2つしかない五稜郭に1つ龍岡城五稜郭の展望台に向かう道ではあまり険しさにYOSHIは「秘境だ!」「車が落ちる!」などと興奮気味。しかし展望台に着くと快晴の空から見る壮大な景色に2人とも心を奪われている様子でした。また、吉澤淡水魚では佐久市で江戸時代から続く鯉食文化を体験。初めて食べる鯉の刺身に驚きながらも、美味しく食べている様子が見られました。
 
また行く先々で地元の方や店員の方とコミュニケーションをとっている2人の姿が印象に残りました。


■ 当日のメニュー
鯉と荏胡麻のカルパッチョ望月高原のヨーグルトソース ふきのとうのフリット添え



鯉 生食用(吉澤鮮魚)
望月高原無糖ヨーグルト(望月高原牧場)
ケール・ベビーリーフ(小松園芸)
山菜・紅大根・菊芋・小松菜(ヘルシーテラス佐久南)

ごぼうと五郎兵衛米のスープ仕立ての焼きリゾット ボスケソカチョカバロの焼きチーズ添え


ごぼう・五郎兵衛米・チーズ・たかきび・きび
野沢菜・花豆(ヘルシーテラス佐久南)
日本酒(佐久の花)

蓼科牛すね肉の煮込み 安養寺味噌風味


きのこと長芋のロースト添え 花豆のソース
蓼科牛・安養寺味噌・ごぼう・きのこ類・長芋
そば粉・玉ねぎ・にんにく(ヘルシーテラス佐久南)
米麹(中屋商店)

小豆と胡桃、ルビーチョコレートのタルト


小豆・胡桃・フルーツ他(ヘルシーテラス佐久南)

りんご米麹ドリンク・バタフライピードリンク


りんご米麹ドリンク(にのみや林檎園)
バタフライピー(ヘルシーテラス佐久南)
バタフライピードリンクの蜂蜜(小林農園)


<ヘルシーテラス佐久南について>
「ヘルシーテラス佐久南」は、地元産の農産物を販売する農産物直売所や、地産地消のバイキングスタイルのレストランなど、農業をはじめとする地域産業の活性化を図るために整備された道の駅です。
http://www.healthyterrace-saku.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ