楽天証券
楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、フィデアホールディングス株式会社(代表執行役社長CEO:田尾 祐一、本社:宮城県仙台市)のグループ銀行、株式会社荘内銀行(代表取締役:田尾 祐一、本社:山形県鶴岡市、以下「荘内銀行」)および株式会社北都銀行(代表取締役:伊藤 新、本社:秋田県秋田市、以下「北都銀行」)との金融商品仲介業に関する業務提携契約を締結し、2020年6月1日(月)より金融商品仲介サービスの提供を開始しますので、お知らせします。これにより、楽天証券が金融商品を仲介する地方銀行は6行となります。


フィデアホールディングス株式会社は、「信頼で結ばれ、地域と共に繁栄する金融グループ」を創り上げることを理念とし、東北地方を中心に、地域に密着した広域金融グループになることを目指しています。グループ銀行である荘内銀行および北都銀行は、現在それぞれ、山形県を中心に87カ店、秋田県を中心に85カ店を有し、多くの方に利用されています。

このたび開始する金融商品仲介業務では、楽天証券の証券総合口座の開設が、荘内銀行および北都銀行のウェブサイトを介して行えるようになり、楽天証券の取り扱う様々な金融商品・サービスを両行のお客様にご利用いただけるようになります。さらに、楽天証券では、両行の担当者から対面でお客様へご提案いただくための各種ツールや、両行のお客様専用の商品などの提供も予定しており、両行がお客様のニーズにこれまで以上に応えられるための、より質の高いコンサルティングサービスの実現をサポートします。

今回の提携により、荘内銀行および北都銀行は、より幅広いラインアップの中から両行を利用するお客様それぞれのニーズにあった資産形成プランをご提案いただけるようになるほか、これまで以上に多くの方に楽天証券をご活用いただくことで、さらなる個人投資家層の拡大と顧客満足度の向上につながるものと期待しています。

楽天証券は、今後も地方銀行との提携を通じ、それぞれの地域やお客様のニーズに合わせた商品・サービスの提供を推進することで、地方銀行の更なる資産運用・資産形成サービスの強化を支援してまいります。


株式会社荘内銀行の概要(2018年9月30日時点)






株式会社北都銀行の概要(2019年3月31日時点)







以上


【手数料等およびリスクの説明について】
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。

商号等:楽天証券株式会社
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ