アカマイ・テクノロジーズ合同会社
Akamai Technologies、創設メンバーとして Critical Providers Program に参加

世界で最も信頼されているソリューションで安全なデジタル体験を提供する Akamai Technologies, Inc.(以下、「Akamai」)は、創設メンバーとして Critical Providers Program に参加し、脅威インテリジェンスやサイバー犯罪の手口に関して、金融機関との双方向の連携を促進します。


※本リリースは2022 年1月19 日 (現地時間) に米国ヴァージニア州レストンおよびマサチューセッツ州ケンブリッジで発表されたプレスリリースの抄訳版です。

金融サービスに特化したサイバーインテリジェンスのグローバルな共有を目的とする唯一の業界コミュニティ、FS-ISAC は1月19日、金融分野におけるサプライチェーンのセキュリティを強化するために Critical Providers Program を開始することを発表しました。重要度の高いサービスを提供するクリティカル・サービス・プロバイダーが金融機関のインフラのホスト、接続、保護を担う割合はますます大きくなっています。この状況を踏まえ、FS-ISAC は、メンバー企業とプロバイダーの間の継続的なコラボレーションと情報共有の促進を目的としたプログラムを策定しました。これにより、高度なサイバー脅威に対する金融業界の保護と備えが強化されます。

FS-ISAC の Global Head of Intelligence である Teresa Walsh 氏は次のように述べています。「業務や顧客サービスを進化させるため金融サービスに新たなテクノロジーが採用されている今日、クリティカルプロバイダーは業界にとって重要な味方であるとともに、サイバー犯罪の標的として狙われる存在でもあります。このプログラムにより、メンバーはそれぞれのクリティカルプロバイダーから正確でタイムリーなセキュリティ情報を効率的に取得できるようになります。大規模なインシデントが発生した場合、メンバーは迅速に対処して修復するとともに、重要な関係者に適切な情報を提供できます。」

Akamai の Chief Security Officer である Dr. Boaz Gelbord は、次のように述べています。「この重要なプログラムの創設メンバーとして参加できることを大変光栄に思います。FS-ISAC がクリティカルプロバイダーと金融機関の間の直接的なコミュニケーションを促進するためにリーダーシップを発揮することは非常に意義があることだと思います。世界中に分散されたエッジプラットフォームを有する当社のユニークな立場から得た知識を共有し、メンバーの皆様の経験を伺い、現在および将来のリスクを緩和するために協力して取り組むことを楽しみにしています。」

金融機関とそのクリティカルプロバイダーに関わる大規模なサイバーインシデントや脅威が発生した場合は、このプログラムを通じ、FS-ISAC の専用通信チャネルを活用し、差し迫ったリスクに対処して業界の安全を維持するために必要かつ正確な情報を迅速に配信します。

注記
クリティカルプロバイダーとは、提供しているネットワークインフラとサービスがインシデントの影響を受けた場合に、金融業界の中核的な金融サービスの大部分がリアルタイムで中断され、公衆の金融取引管理能力に大きな影響を及ぼすような、金融機関以外の組織を指します。

FS-ISAC について:
Financial Services Information Sharing and Analysis Center(FS-ISAC)は、金融サービスに特化したサイバーインテリジェンスのグローバルな共有を目的とする唯一のコミュニティです。この組織は、金融機関とその顧客をサービス対象とし、そのインテリジェンスプラットフォーム、復元のためのリソース、信頼できるピアツーピアの専門家ネットワークを活用してサイバー脅威の予測、緩和、対処を行っています。米国に本部を置き、英国とシンガポールに事務所があります。会員は 70 を超える国々に所在しています。
詳細については、www.fsisac.com をご覧ください。金融、データ、サイバーセキュリティの未来に関する、世界の主要な経営幹部の見解については、FS-ISAC Insights(※1) をご覧ください。FS-ISAC への入会方法については、fsisac.com/membership をご覧ください。
※1:https://www.fsisac.com/insights

アカマイ について:
Akamai はオンラインライフの力となり、守っています。世界中の先進企業が Akamai を選び、安全なデジタル体験を提供することで、毎日、いつでもどこでも、世界中の人々の人生をより豊かにしています。世界で最も信頼されている最大規模のEdgeプラットフォームにより、Akamaiはアプリ、コード、体験をユーザーに近づけ、脅威を遠ざけます。Akamaiのセキュリティ、コンテンツデリバリー、エッジコンピューティングの製品とサービスの詳細については、www.akamai.com とblogs.akamai.com をご覧いただくか、TwitterとLinkedInでAkamai Technologiesをフォローしてください。

セキュリティリスクの管理に役立つインテリジェンスや知見をまとめたブログや、Akamai の Security Threat Hub(※2)をご覧ください。グローバルサイトのブログでは、「 Akamai Reports Another DoS in Log4j2 (CVE-2021-45105): What You Need to Know」(※3)など、関心の高いテーマをタイムリーに取り上げています。
※2:https://www.akamai.com/ja/blog/security/
※3:https://www.akamai.com/blog/security/akamai-reports-another-dos-inlog4j2

※アカマイとアカマイ・ロゴは、アカマイ・テクノロジーズ・インクの商標または登録商標です
※その他、記載されている会社名ならびに組織名は、各社の商標または登録商標です
※本プレスリリースの内容は、個別の事例に基づくものであり、個々の状況により変動しうるものです
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ