合同会社ライアットゲームズ
事前登録受付中、オープンベータ期間中は記念アイテムをプレゼント!

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、完全新作となるPC・モバイル向けストラテジーカードゲーム『レジェンド・オブ・ルーンテラ(Legends of Runeterra、略称LoR)』のオープンベータテストを、1月24日(金)午前4時より開始します。1月24日(金)午前4時からのプレイは、1月20日(月)16時59分までに公式サイトで事前登録をされた方が対象で、1月25日(土)午前4時からはどなたでもプレイすることが可能となります。今回のオープンベータテストはPC版のみが対象で、オープンベータ期間中にプレイしたプレイヤー全員に、限定ゲーム内アイテム「めろめろポロ ガーディアン」を正式リリース時にプレゼントします。※いずれも日本時間


『レジェンド・オブ・ルーンテラ』の正式サービスは2020年中を予定しており、正式サービス時には、PC版とモバイル版のクロスプラットフォームプレイに対応する予定です。


◆『レジェンド・オブ・ルーンテラ』紹介トレーラーはコチラ


『レジェンド・オブ・ルーンテラ』は、「奥深い戦略性」「カードの入手方法の自由度の高さ」「メタの多様性」が特徴の、1v1のカードゲームで基本プレイは無料です。オープンベータ版では、フレンド対戦機能や、プレイヤーの実力を示すランク戦といった、本格的な機能もプレイすることが可能となります。『レジェンド・オブ・ルーンテラ』には、課金による購入可能なゲーム内アイテムもありますが、課金要素が試合を有利にすることはなく、誰にでもフェアでエキサイティングな試合展開をお楽しみいただけます。
※オープンベータのアカウントはリセットされないため、オープンベータ期間中に獲得したものは、すべてそのまま保持されます。

『レジェンド・オブ・ルーンテラ』は、2019年10月に10周年を迎えたライアットゲームズがサービス中のPCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」と、その世界観(ルーンテラ)を共有しており、作りこまれた設定や特徴的なキャラクター(チャンピオン)をそれぞれのゲームでお楽しみ頂けます。また、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』には、「リーグ・オブ・レジェンド」にはまだ登場していない、オリジナルのキャラクターやアイテムなども登場します。




ベータシーズンと新要素:レジェンド・オブ・ルーンテラ


◆紹介ページはコチラ
https://playruneterra.com/ja-jp/news/open-beta-faq/

◆紹介動画はコチラ





『レジェンド・オブ・ルーンテラ』の必要動作環境

【Windows】
- OS:64ビットWindows 7、8.1、または10
- プロセッサー:3GHz
- メモリ:4GB RAM
- GPU:VRAM 512MB以上

【Mac OS】
- 未対応

【モバイル (iOS & Android) 】
- 正式サービススタート時に発表予定

【対応言語】
英語、韓国語、日本語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語(スペイン)
※将来的には以下の言語にも対応予定
トルコ語、ロシア語、スペイン語(ラテンアメリカ)、ポルトガル語(ブラジル)、ポーランド語


レジェンド・オブ・ルーンテラ

公式ページ: https://playruneterra.com/ja-jp
Twitter: https://twitter.com/runeterrajp



ライアットゲームズとは

「最高のゲームは、プレイヤー第一主義のチームから生まれる」という信念を持つ、2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより、『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーとして2006年に創業。2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンド』をリリースし、プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。本社は、米国カリフォルニア州サンタモニカにあり、世界23ヶ所にオフィスを展開。(2019年10月現在)日本オフィスは2014年4月に設立、リーグ・オブ・レジェンドの日本版サービスを2016年3月より開始。
ライアットゲームズ: https://www.riotgames.com/ja
Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ