T&G
全国でウェディングプロデュースを手がける婚礼最大手の株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岩瀬 賢治 以下、T&G)は、1月27日(月)に国際協力機構(JICA)視察団の受け入れを、青山迎賓館で行いました。


この視察プログラムは、「地域活動としての知的・発達障害者支援」として1980年よりJICAが公益社団法人 日本発達障害連盟に委託の上行っているもので、今回はアジア・南米他12か国から14 名の行政官やNGO職員等が参加しました。当日は、代表の岩瀬からの挨拶や担当者からの当社事例の紹介の後、実際に障がいを持つ従業員の就労の様子を見学し、理解を深めていただきました。





当社は、2007年より障がい者雇用に取り組んでおります。重度の知的障がい者や身体障がい者の方々を中心に、現在は28名が当社社員として、都内の当社結婚式場の清掃業務及び調理業務を担当しています。

当社では従業員それぞれの障がい特性に合った業務や生活上のサポートを行い、ご家族や支援機関と密に情報共有を図るだけでなく、「知的障害者移動支援従事者」「行動援護従事者」「全身性障害者移動支援従事者」「同行援護従事者」など様々な資格を取得したスキルの高いサポートスタッフが日々の業務を支えます。さらに、社員総会等の会社行事にも他の社員と同様に参加するなど、日常業務以外の経験や学びの機会も提供。その結果、定着率は80%超と高い数字を誇り、企業及び団体からの視察や、特別支援学校生のインターンシップ受け入れを多数実施しております。

当社は、今後は女性の障がい者支援や取り組みエリアの拡大などを図り、障がいを持つ方々を含めて、多様な人の心や人生を豊かにできる企業活動に引き続き努めてまいります。

■視察参加者の感想
モンゴル自閉症協会 理事 ガンボルド・ジャヴザンドラム氏
「法定雇用率を上回る障害者の採用や、特例子会社の設立ではなく直接雇用に取り組むなど、規制を超えた取り組みをしていることがとても印象的だった。また、企業理念と障害者雇用のコンセプトや取り組みが一貫しており、障害者も含めた多様な企業のあり方を実践しようとしていることが感じられた。今回の研修は、参加国の障害者雇用をエンパワーメントし、各国での障害者支援の法整備や実践を目的としていることから、T&Gの取り組みを視察できたことは非常に有意義だった。」

■視察参加国一覧
アフガニスタン、アルゼンチン、コロンビア、モルディブ、モンゴル、モザンビーク、
ネパール、ナイジェリア、パプアニューギニア、セルビア、スリランカ、ウズベキスタン(12か国、14名)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ