株式会社西日本新聞社
大野城心のふるさと館に初めて国宝がやってくる!


大野城心のふるさと館では2021年11月6日(土)~12月19日(日)まで大野城心のふるさと館開館3周年記念特別展「筑紫の至宝 ~国宝 翰苑(かんえん)の世界~」を開催します!




本特別展は、地域の至宝を取り上げる特別展です。太宰府天満宮が所蔵する国宝『翰苑(かんえん) 巻第卅(まきのだいさんじゅう)』の世界観を掘り下げ、そこで紹介されている末盧国(まつろこく)、伊都国(いとこく)、奴国(なこく)といった倭国の国々とともにご紹介します。

☆国宝『翰苑 巻第卅』とは?
『翰苑』は、唐の張楚金(ちょうそきん)が記した書物で、さまざまな歴史書から匈奴(きょうど)や倭国など、中国周辺の国々についての記述をまとめた事典です。中国では既に原文・写本共に失われていますが、世界で太宰府天満宮にのみ、平安時代に作られた写本、国宝『翰苑 巻第卅』が現存しています。
本文につけられた詳細な注釈には、今はもう残されていない歴史書からの引用も多いため、日本やアジアの歴史を知る上で大変貴重な資料です。
倭国については、邪馬台国の女王卑弥呼や倭の五王といった有名な人物についても取り上げられており、斯馬(糸島市志摩)の地名のように、『翰苑』にしか記録されていないものもあります。


■展覧会情報
【名称】大野城心のふるさと館開館3周年記念特別展「筑紫の至宝 ~国宝 翰苑(かんえん)の世界~」
【会期】令和3年11月6日(土)~12月19日(日)
☆国宝展示期間 令和3年12月7日(火)~19日(日)(左記期間外は複製のみ展示)
【休館日】月曜日(祝日の場合は翌平日)
【会場】大野城心のふるさと館3階企画展示室(〒816-0934 福岡県大野城市曙町3丁目8-3)
    TEL 092-558-5000 FAX 092-558-2207
【観覧料】一般 100(50)円(国宝展示期間は一般 300(250)円)、高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金、または、ここふる友の会会員料金。
※療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、特定医療費(指定難病)受給者証、特定疾患医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証を提示した場合、および手帳を提示した人の介護者1人は無料。
【主催】大野城心のふるさと館、大野城市、大野城市教育委員会、西日本新聞社
【特別協力】太宰府天満宮
【館ホームページ】http://www.onojo-occm.jp/

【関連イベント】
・特別展関連講演会
「国宝『翰苑』を取り巻く9つの謎」

日時:11月23日(祝・火)午後1時30分~3時30分
会場:心のふるさと館 M2階講座学習室
講師:太宰府天満宮文化研究所主管学芸員 味酒 安則氏
定員:50名 ※応募者多数の場合は抽選
参加費:無料
申込期間:10月10日(日)午前9時~10月31日(日)午後7時必着

・ワークショップ
1.消しゴムハンコ作り
倭国王の金印のように世界に1つしかないオリジナルハンコ作りに挑戦!初心者にもわかりやすくレクチャーします。
日時:11月20日(土)、21日(日)
1.午前10時30分~ 2.午後2時~(各回90分)
会場:心のふるさと館 M2階講座学習室
講師:消しゴムハンコ作家 古賀 明子氏
対象:小学4年生以上
定員:各回10名 ※応募者多数の場合は抽選
参加費:200円
申込期間:10月20日(水)午前9時~11月10日(水)午後7時必着

2.デザイン書道<2種>
場所:心のふるさと館 M2階講座学習室
講師:FUKUOKAデザイン書作会
対象:小学生以上(小学3年生以下は保護者1名同伴)
定員:各回10名 ※応募者多数の場合は抽選
申込期間:11月2日(火)午前9時~11月23日(火・祝)午後7時必着
《デザイン書道で華やかに!干支年賀状作り》
自分だけのおしゃれな年賀状作りに挑戦しよう!
日時:12月4日(土) 1.午前10時30分~ 2.午後2時~(各回90分)
参加費:300円
《大きな紙に大文字を書こう!》
書く楽しさを感じながら、思いっきり大文字を書いてみよう!
日時:12月5日(日) 1.午前10時30分~ 2.午後2時(各回90分)
参加費:200円

★上記の関連イベントの申込方法
・申込方法:FAX、メール、はがき、1階総合案内
・必要事項:参加イベント名・参加者の氏名・年齢・学年(小中高生のみ)住所・電話番号
※1口につき1名まで申込めます。

■本展お問い合わせ
市民ミュージアム 大野城心のふるさと館(〒816-0934 福岡県大野城市曙町3丁目8-3)
TEL 092-558-5000 FAX 092-558-2207
開館時間:午前9時~午後7時
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日、12月28日~1月4日)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ