株式会社イースマイル
大山式チームが新型コロナ(COVID19)感染拡大のイタリアで、日々刻々と変わっていく状況を写真とともに振り返る。

口コミからシリーズ累計販売個数500万個を突破した「大山式」シリーズ製品の株式会社イースマイル(https://ohyamashiki.com 本社:東京都世田谷区、代表取締役:仲村淳)がイタリアのミラノ・コレクション(Milan fashion week)で、日本人デザイナー アツシ ナカシマ(ATSUSHI NAKASHIMA)の4度目のスポンサーシップを行った。



ファッション・ウィークの最終日にあたる現地時間24日のATSUSHI NAKASHIMAのショーはイタリアファッション協会によって中止。

20日に、アリアナさくらさんと現地入りした大山式のスタッフが現地の様子を写真とともにレポートする。


20日の夕刻に撮られたこの写真は、ミラノの街が厳戒態勢になる前。街は賑わい、レストランも予約無しでは入れないほど、盛況だった。


大山式チームは、今回200個の商品をミラノに持ち込み、ショーで配布する予定だった。
イタリア語と英語の使用説明書も添付する予定だった

イタリアファッション協会は、すでに2月5日に、インスタグラムで「中国と共に(China, we are with you)」という画像を投稿。中国への連帯を示すキャンペーンだ。

航空会社が中国路線を運航停止し、中国ファッション企業がミラノコレクションへの参加が困難、相次いでショー中止となったことを憂いてではあったが、オンラインでの可能性を示した。
スーツケース一杯の【大山式ミラノコレクションモデル】

21日、200人以上のモデルがオーディション会場へ

ATSUSHI NAKASHIMAは、オーディション日を迎え、200人以上のモデルたちが会場に詰めかけた。



キャスティングと呼ばれるこの日も、街はいつものファッション・ウィークと変わらないように見えた。

モデルたちもまさか中止になるとは、想像していなかっただろう。

ミラノコレクション始まって以来、中止ということはなかったからだ。

この日にイタリアでは初の死亡者が出た。北部のベネト州で78歳の男性。

ミラノのあるロンバルディア州は、ベネト州と隣接しているうえ、感染者の大半は、ミラノ南東約70キロに位置する町、ロンバルディア州コドーニョ(Codogno)を中心と報道があり、市民の間に少しずつ不安が広がり始めた。


オーディション会場のそばでも朝市などが行われており、市民は季節の野菜や果物など、買い物を楽しんでいた。

警戒態勢が取られ始めたのは、22日から

ATSUSHI NAKASHIMAでは、キャスティングが終了し、フィッティングの準備で忙しいさなかだった。

大山式チームは、明後日に控えたショーのリハーサルをアリアナさくらさんと撮影。誰もがショー自体が中止になるとまでは思っていなかった。



ミラノのあるロンバルディア州の自治体は住民に対し、できる限り外出しないようにと声明を発表。複数の町が封鎖された。

セリエAのサッカーの試合も中止が発表され、学校のほか、バーは18時まで。レストランなど人が集まりやすい場所では自主的ではあるが閉鎖する店も。

イタリアのニュースでは、日本の情報も流れ始める。

新型コロナウイルス検査で陰性の乗客を「ダイヤモンド・プリンセス号」から下船させたことや感染経路が不明な市中感染者が増え続けているというネガティブな現状も報道された。

23日、無観客のショーを敢行したアルマーニ

アリアナさくらさんはミラノの街でオフショットを撮影。




ミラノコレクションのショーはまだ続いていた。しかし、普通のショーではなく、無観客で開催。

「ジョルジオ アルマーニ(Giorgio Armani)」は、あくまで予防措置と発表した。
ショーは公式ウェブサイトやインスタグラム(Instagram)、フェイスブック(Facebook)でライブ配信された。

街の様子はこの日を境にガラッと変わったように感じたという。街はパニックの様相に転じた。

夕方にスタッフが買い出しに行った際には、スーパーは混雑し、商品も棚にはほとんどないような状態。レジは東洋人のやり取りのたびに除菌スプレーを使用していた。

その後、街なかでもティーンエイジャーのグループから「コロナ!」と指をさされ、口をマフラーで覆って足早に立ち去られた。

深夜に、イタリアファッション協会によるショーの全面中止が決定。無観客のショーで、オンライン配信の可能性もなくなった。

24日、ショー当日にショーができないならば・・・

ATSUSHI NAKASHIMAのショーが行われる予定だったドゥーモそばの会場に、大山式チームは足を運んだ。

その道すがら、コロナの見出しがついた号外の新聞が配られていた。


会場も、警備員から一切の立ち入りを禁じられた。


普段はごった返しているミラノの随一の観光地でもかかわらず、まるで人気(ひとけ)がなかった。
タクシーの運転手は「ミラノにはチャイナタウンもあるけれど、発生していない。病人がいる街は封鎖しているから問題ない」と話した。

ミラノでは、のコンテ首相の「(感染拡大の防止に)あらゆる手段を講じる」との発言や、一部の自治体を封鎖し、出入りを禁止したことによる安堵感はあるようだった。


中止を受けて、ATSUSHI NAKASHIMAチームは、撮影のみを行った。

新作発表のショーではできなかったが、オンラインで配信予定だという。
その様子は、日本時間26日付けのリリースで情報発信している。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000037812.html

25日、大山式チームも帰途へ

翌25日、夕方には大山式チームとアリアナさくらさんは日本へ。
大山式チームもショーの来場者にプレゼントする予定だった商品を日本に持ち帰った。

出国では、サーモグラフィーによるチェックを受けた。


大山式で準備をしていたInstagramによるアリアナさくらさんのイラスト投稿は、ATSUSHI NAKASHIMAの新作が発表後となる予定。

ショーは出来なかったけれど、新作は発表できる

ATSUSHI NAKASHIMAチームは、不測の事態においても新作発表の意欲は十分だ。
大山式チームは「皆さんの頑張りを見ていると、こちらも励まされました。できる限りのことを協力していきたい」と語った。
おそらく数日後には、新作発表が行われる。
フィッティングの合間に、アリアナさんはアルゼンチン出身のモデルと交流。


15歳の夢は破れても

アリアナさくらさんがランウェイを歩くことはできなかったが、ATSUSHI NAKASHIMAの新作を身にまとった横顔はプロフェッショナルそのものだった。

残念ながら15歳の夢は破れた。


大山式チームは「思いもよらなかったであろう経験をされたアリアナさくらさんを、これからも応援していきたい。次の夢を、また一緒に考えられたらうれしい」と話した。

「大山式とは?」
日本の技術は、世界中の女性の「美」「健康」「プロポーション」へ寄与する。


大山式とは全身を支えている足裏からアプローチできる姿勢補正具として大阪大学名誉教授・大山良徳先生監修のもと、研究を重ね開発された足指パッドです。

浮き指とは、立ったときに足の指か浮いている状態で、重心がかかとに偏る状態。

多くは、本来は重心がかかるべきの足の指にはかからないため、疲れや不必要な筋肉の発達と脂肪の蓄積により下半身太りを起こすと言われています。


大山式をつけると「自然と足指が動いて浮き指が改善される」「姿勢が良くなる」「自然に脚がまっすぐキレイになる」と、ごく一部のモデルから世界へ広まりました。

リピーターも多く、累計販売個数500万個が販売されています。日本の技術は、世界中の女性の美と健康、プロポショーンへ寄与すると支持をされています。

ミラノ・コレクションとは?


初めて開催されたのが1976年という古い歴史を誇るファッションショー。

イタリアのミラノでメンズ向けレディース向けに、夏と冬の2回行われています。

コレクションはデザイナー達の作品を発表する晴れの舞台であるとともに、ビジネスを展開する場でもあります。

そのため世界各地のバイヤーやジャーナリスト、カメラマンなどを招待して開催されます。


ATSUSHI NAKASHIMA
デザイナー:中島篤
2009年
ジャンポールゴルチェ ディフュージョンライン ヘッドデザイナー就任
2013年
ジルサンダーネイビー バッグライン ディレクター就任
2015年
ミラノ・コレクション公式スケジュールにてコレクションを発表

公式 Instagram:atsushi.nakashima
https://www.instagram.com/atsushi.nakashima/?hl=ja

アリアナ さくら | Arianna Sakura
生年月日: 2004年 05月 09日
出身地:東京都
趣味: 読書,ゲーム,手芸

公式Instagram:ariannasakura
https://instagram.com/_ariannasakura_?igshid=c3qiwgbpnne7

公式Twitter:https://twitter.com/ariannasakura

会社概要

もっと美しく、もっと健やかに。大山式。
https://ohyamashiki.com/

企業理念「日常をより快適にする特異性ある商品を通じて、生涯のパートナーとなります」を掲げ、創立以来、積み重ねてきたノウハウを活かし、今後も消費者満足を追求したブランドを世界へ発信しています。

代表ブランド
「大山式シリーズ」「さよならダニー」「スッキリPON」「藤原式シリーズ」「美男足」「デキスギタオル」など。

商号 : 株式会社イースマイル
代表者 : 代表取締役 仲村淳
所在地 : 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-8-7
電話番号 : 03-5758-1555


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ