学校法人武蔵野大学
写真を夏祭り風に演出するアプリを開発

武蔵野大学(東京都江東区)データサイエンス学部(以下、MUDS)の学生2チーム「Integral」「Upset」が株式会社TechBowl主催『お盆deハッカソン』に参加し、チーム「Integral」が優勝しました。


優勝チーム「Integral」
【本件の内容】
『お盆deハッカソン』は、株式会社TechBowl主催のオンライン夏祭りハッカソンイベントです。ハッカソンとは、ハック(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた単語で、チームで短期間に集中して、様々な分野での企画・開発・デモンストレーションを行うイベントです。今回の参加対象者はオンラインコミュニティ「TechTrain」への登録者(30歳以下)で、計21チーム65人が2日間という限られた時間の中で、オンライン夏祭りを楽しめるアプリの企画・開発を競いました。今年のテーマは「屋台」。MUDSからはチーム「Integral」(3年生 新田 拓真さん、3年生 稲荷 太良さん、3年生 渡邊 龍乃輔さん、2年生 高橋 美羽さん)がアプリ『うなじしゃしんくじ』を、チーム「Upset」(2年生 北椋 太さん、大西 力登さん、村上 唯希さん、池上 藍羽さん)がアプリ『金魚すくわれ』を企画・開発し、チーム「Integral」が優勝しました。

【開催概要】






【開発アプリ概要】
■うなじしゃしんくじ(優勝チーム「Integral」)






■金魚すくわれ(チーム「Upset」)






【関連リンク】
■お盆でハッカソン: https://techbowl-japan.github.io/obon-de-hackathon-lp/
■お盆でハッカソン イベントレポート: https://note.com/techbowl/n/n0691cf530e9c


【武蔵野大学について】
武蔵野大学有明キャンパス
1924年に仏教精神を根幹にした人格教育を理想に掲げ、武蔵野女子学院を設立。武蔵野女子大学を前身とし、2003年に武蔵野大学に改名。2004年の男女共学化以降、大学改革を推進し12学部20学科、13大学院研究科、通信教育部など学生数12,000人超の総合大学に発展。また2021年4月に日本初の「アントレプレナーシップ学部」、全学生「AI活用」「SDGs」を必修科目とした全学共通基礎課程「武蔵野INITIAL」をスタートさせるなど、2024年の創立100周年とその先の2050年の未来に向けてクリエイティブな人材を育成するため、大学改革を進めている。
武蔵野大学HP:https://www.musashino-u.ac.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ