野原ホールディングス
壁紙ブランドWhO(フー)より計4柄を10月21日(水)に販売開始



壁紙ブランド「WhO(フー)」( 野原ホールディングス株式会社 本社:東京都新宿区 代表取締役社長:野原弘輔)は、株式会社LIFULL(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、以下LIFULL)が運営する「LivingAnywhere Commons」(以下LAC)と共同開催した創作型ツーリズム「LOCAL WALLPAPER DESIGN CAMP in 伊豆下田」のグランプリ作品を含む計4柄を壁紙として10月21日(水)より販売開始する。

WhOでは企業やブランドなどと企画するCOLLABORATIONSというラインにて展開。引き続きLAC各拠点にて開催予定の同企画から採用された新柄が追加されていく。「LOCAL WALLPAPER DESIGN CAMP」の第2回は2020年10月30日(金)~11月1日(日)、LAC八ヶ岳北杜を会場に実施。


LOCAL WALLPAPER DESIGN CAMP in 伊豆下田 開催の様子
LOCAL WALLPAPER DESIGN CAMP in 伊豆下田について

LAC伊豆下田 コミュニティスペース

2020年8月29日(土)~31日(月)にLAC伊豆下田にて開催。学生から建築、テキスタイルデザインのプロまで年齢や経験も様々な6組が参加。3日間にわたり、まち歩きや地元にゆかりのある方の話を通じて情報収集を行い、デザインを制作した。

グランプリには、テキスタイルデザイナー、またデザインユニット「pole - pole」のメンバーとして活動する近藤正嗣(こんどう まさし)さんのデザイン案が選ばれた。

今回発売される“KAZEMACHI”は先行してLAC伊豆下田のコミュニティスペース内に施工されている。


■開催レポートはこちら
https://whohw.jp/report_izushimoda_202009/


COLLABORATIONS - LivingAnywhere Commons - NEW LINEUP




TITLE  伊豆下田 - KAZEMACHI
NO.   CBLA001
COLOR  1 COLOR
PRICE  ¥4,500 / m






TITLE  伊豆下田 - ユラユラ
NO.   CBLA002
COLOR  1 COLOR
PRICE  ¥4,500 / m






TITLE  伊豆下田 - パッパ
NO.   CBLA003
COLOR  1 COLOR
PRICE  ¥4,500 / m






TITLE  伊豆下田 - シュッシュ
NO.   CBLA004
COLOR  1 COLOR
PRICE  ¥4,500 / m



グランプリ受賞 近藤正嗣さんの制作コメント



「下田を歩いていて感じる風は、海のある港町なのに、山が近くにあるせいか、潮のべたつきやにおいを感じず、爽やかなのが印象的だった。その空気感と、その昔、下田が“風待ち港”として栄えたというお話を聞いて、『風街』という言葉が頭に残り、下田の空気感をそのままデザインしようと考えました。」


「WhO(フー)」について


「WhO(フー)」は、より美しく、より愛され、より良い空間を目指し、新しい表現を模索する人のための壁紙ブランドです。2015年7月に、家具・空間・プロダクト・グラフィックのデザインから食、アートにわたってさまざまなクリエイティブ活動を展開する「graf」プロデュースのもと、壁紙ブランド「WhO」を立ち上げました。

海外ではすでにトレンドとなっている感性豊かで多様な壁紙デザイン。「WhO」は、日本における壁紙の可能性を広げながら、日本の住まいや空間に適した、日本人の感性にあうデザインの壁紙を提供しています。住まい手にとってより豊かな空間を提供する手段として、個性的で表情豊かなラインナップを揃え、2016年にはグッドデザイン賞を受賞しています。

デザイン性と高品質にこだわった「WhO」は、今後さらに拡大するであろう日本のリフォーム・リノベーション市場や、装飾ビジュアル化が進む宿泊施設、店舗・不動産物件などにおいて、より特徴的で美しく空間を彩るデザイン性の高い壁紙に対するニーズに応えます。


「LivingAnywhere Commons」について


場所やライフライン、仕事など、あらゆる制約にしばられることなく、好きな場所でやりたいことをしながら暮らす生き方(LivingAnywhere)をともに実践することを目的としたコミュニティです。

メンバーになることで、日本各地に設置したLivingAnywhere Commonsの拠点の共有者となり、仲間たちと共生しながら、自宅やオフィスにしばられないオフグリッド生活を体感、理想のLivingAnywhereを実現するための技術やアイデアを共創していく、刺激に満ちた環境に身を置くことができます。


「野原ホールディングス株式会社」について


2017年、創立70年を迎えた野原グループは、これまで建設業界を中心に建材や鉄鋼関連およびセメントなどの建設資材、道路交通標識などの販売・施工を通して、事業を拡大するとともに、時代の変化に合わせた変革や創造を繰り返しながら成長してきました。

近年は「Innovation」・「Digitalization」・「Globalization」をキーワードに、ユニークな事業の創出を目標に掲
げております。プロ向け建材通販サイト「アウンワークス」や、建設情報のデジタル化を目指す会社組織「BIMobject Japan株式会社」、グッドデザイン賞受賞商品のみを販売する国内初デザインショップ「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」、特別な思いと時間をシェアする場所「レンタルキッチンスペース Patia」、新しい表現を模索する人たちのための、自由な発想に寄り添う壁紙「WhO」など、数多くの新規事業を展開しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ