識学
‐Forbes JAPANが2021年、社会を動かす人物100人を発表‐

組織コンサルティング事業を展開する株式会社識学(本社:東京都品川区、代表取締役社長:安藤 広大)は、2021年12月24日にリンクタイズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高野 真)が 発表した「Forbes JAPAN 100」に、代表の安藤広大が選出されたことをお知らせします。



【「Forbes JAPAN 100」とは】
Forbes JAPANが2021年を通じて取り上げた人物の中から、社会を動かす、未来をつくるリーダー、アントレプレナーシップをもった経営者100人を「今年の顔」として選出しました。
■Forbes JAPAN 100公式サイト: https://forbesjapan.com/feat/forbesjapan100/#program

識学の代表、安藤の選出理由は、昨年発売した著書「リーダーの仮面『いちプレーヤー』から『マネジャー』に頭を切り替える思考法」が25万部のベストセラーになった点を評価していただきました。

【安藤広大プロフィール】
1979年、大阪府生まれ。
2002年、早稲田大学卒業。同年、NTTドコモ入社。
2006年、ジェイコムホールディングス(現在のライク)へ入社。主要子会社のジェイコム(現在のライクスタッフィング)にて取締役営業副本部長を歴任。
2013年、「識学」と出会い独立。識学講師として数々の企業の業績アップに寄与。
2015年、識学を1日でも早く社会に広めるために、株式会社識学を設立。
2019年、東証マザーズ上場。(7049)
2021年、導入企業数が2500社を突破。

【著書:リーダーの仮面について】


この本は、すべての組織のリーダーを対象にしています。
リーダーには「カリスマ性」や「人望」「熱意」が必要と思われがちですが、そのような素質がなくても大丈夫です。たとえ内向的でも、声が大きくなくても優秀なリーダーになれるために「これだけ意識すれば問題ない」という5つのポイントを解説しています。
2020年11月に発売し、発売から1年で出版部数累計25万部を達成しました。
https://www.diamond.co.jp/book/9784478110515.html

著者:安藤広大
発行年月:2020年11月
出版社‏:ダイヤモンド社



【株式会社識学について】
人が事象を認識して行動に至るまでの思考の働き(=意識構造)を元にした、独自の理論「識学」を用いた組織コンサルティングを行っています。
設立から7期目で、導入社数は累計 2500 社を突破しました。(2021年12月現在)


【会社情報】
社名:株式会社識学(東証マザーズ上場 コード番号:7049)
本社所在地:東京都品川区大崎 2-9-3 大崎ウエストシティビル1階
代表者:代表取締役社長 安藤広大
設立:2015 年3月
事業内容:組織コンサルティング事業
ホームページ:https://corp.shikigaku.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ