株式会社シューマツワーカー
累計登録者数は2万人を突破

株式会社シューマツワーカー(本社:東京都 渋谷区/代表取締役:松村幸弥)は、新型コロナウイルスの影響による副業市場の変化について報告いたします。 新型コロナウイルスや景気後退の影響で、内定取り消しや採用活動の中断や人件費削減の方針をとる企業が増加している中、シューマツワーカーには毎日30人以上の登録があり、2020年3月時点で累計登録者2万人に達しました。



■「余暇時間の増加」「経済不安」より副業したい人が急増

2019年での月間登録者数は700~800人ペースでしたが、2020年3月は1,000人以上が登録しています。エンジニアやデザイナーなどのIT職種だけでなく、広報や経理、人事といった幅広い職種からの登録が増えています。




3月以降に登録したユーザーに『副業を始めたい理由』を聞いたところ、以下のようなコメントが寄せられました。

新卒採用がストップしたため業務がなくなり、時間が有り余ってしまったから(大手IT企業で働く採用担当者)
社員の半分が休業することになり、自分もその対象になってしまったから(観光系のスタートアップ企業で働く広報担当者)
決まっていた案件が次々とキャンセルになり、先行きが不安だから(フリーランスで働くデザイナー)

今後も、外出自粛による余暇時間の増加 / テレワークの一般化 / 経済不安 により副業を希望する人が増加することが予想されます。


■非IT企業におけるデジタル化の需要


厚生労働省「一般職業紹介状況(令和2年2月分)について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00032.html

景気後退にともない企業側の採用ニーズは減少傾向にあります。厚生労働省によると、新型コロナウイルスの影響が顕著に現れはじめた2月には、1年2ヶ月ぶりに求人倍率が1.45倍を下回り、この流れはさらに加速していくと考えられます。

一方で、新型コロナウィルスによる外出規制によって、非IT企業におけるデジタル化(テレワークに対応するための社内オペレーションのデジタル化 / リアルでモノが売れないことによるEC・WEBマーケティングのプライオリティ向上)の需要はより顕在化されています。シューマツワーカーでは3月における旅行や宿泊サービス、生活関連サービスなど非IT企業からのお問い合わせが前月より3倍以上増加しました。

副業社員の特徴の1つは、非IT企業においても優秀なIT人材リソースを容易に確保できることです。企業は正社員にこだわらない採用など、組織作りにおける “働き方改革” の必要性が高まっており、副業社員活用の需要は今年より一気に広がると予測しています。


■ メディア関係者の皆様へ。ご取材可能な事項


シューマツワーカー代表・松村幸弥への取材
シューマツワーカー登録者様への取材
ご提供しているデータに関するお問い合わせ

その他の事項に関しても調整可能です。今後も新型コロナウイルスにおける副業市場の変化について引き続き発信してまいります。必要な情報や取材依頼などがございましたらお問い合わせまでご連絡ください。


■株式会社シューマツワーカー


株式会社シューマツワーカーは、“ハタラクを自由化し、人生の可能性を広げる”というミッションのもと、下記の事業を展開しています。お客様のニーズにあわせ、今後もさらなるサービスの開発・拡大に取り組んでまいります。

副業社員と企業のマッチングサービス「シューマツワーカー」
[副業希望者さま] https://shuuumatu-worker.jp
[企業さま] https://shuuumatu-worker.jp/innovation_lp4cd?utm_source=pr

テレワークが中心のフリーランスエンジニアを紹介「ミライエンジニア」
https://mirai-engineer.jp

働き方に特化した転職エージェントサービス「LIFE is」
https://lifeis-foryou.jp

企業の副業社員活用を推進するメディア「副業社員.JOURNAL」
https://shuuumatu-worker.jp/journal

===================
株式会社シューマツワーカー
所在地 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町10-10アシジ神泉ビル8階
代表者 代表取締役 松村幸弥
設立日 2016年9月
会社HP https://company.shuuumatu-worker.jp/
===================
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ