博報堂DYホールディングス
株式会社博報堂DYホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)の開発した健康経営支援プログラム「健診戦(R)(けんしんせん)」が、厚生労働省及びスポーツ庁主催の「第9回健康寿命をのばそう!アワード」において、「厚生労働省健康局長優良賞」を受賞しました。


「健康寿命をのばそう!アワード」はスマート・ライフ・プロジェクトの一環として、厚生労働省が生活習慣病予防の啓発活動の奨励・普及を図るため、優れた啓発活動・取組の奨励・普及を図ることを目的として創設された表彰制度です。厚生労働大臣、スポーツ庁長官、及び厚生労働省局長が3部門(「企業部門」「団体部門」「自治体部門」)において優れた取り組みを選出します。「健診戦(R)」は、厚生労働省健康局長優良賞 企業部門において選出されました。

【健診戦(R)(けんしんせん)について】
「健康経営支援プログラム」開発に向けた社内実証実験を2019年8月にスタート。9月実施の博報堂DYホールディングス・博報堂・博報堂DYメディアパートナーズの定期健康診断においてヘルスデータ(本実証実験への参加を希望する従業員個人単位のデータ)を取得し、前年度の自身の健康数値と今年の健康数値を比較、その改善度を点数化・表彰化することで、従業員が楽しく参加でき、健康改善のモチベーションと健康診断結果の向上をサポートする施策です。

参考:厚生労働省「第9回健康寿命をのばそう!アワード」について
https://www.smartlife.mhlw.go.jp/award
参考:「健診戦」ニュースリリース(2019年8月5日)
https://www.hakuhodody-holdings.co.jp/news/corporate/2019/08/2291.html
参考:「健診戦」ニュースリリース(2019年12月5日)
https://www.hakuhodody-holdings.co.jp/news/corporate/2019/12/2460.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ