株式会社wash-plus
コインランドリーの企画・運営を行う株式会社wash-plus(本社:千葉県浦安市/代表取締役社長:高梨健太郎)は、一般社団法人日本データマネジメント・コンソーシアム(略称:JDMC) が主催する「データマネジメント賞2021」にて「アナリティクス賞」を受賞しましたのでお知らせいたします。


3月4日開催の表彰式の様子
【受賞理由】
この度は、IoTコインランドリーシステム「スマートランドリー」を用いた「気象データを含めたビッグデータ分析によるコインランドリー事業の変革」という点で表彰いただきました。
(スマートランドリーの特徴については情報サイトをご参照ください。https://smartlaundry.jp

洗濯乾燥機のIT化により、時間帯/日毎のランドリーの利用状況をビッグデータとして収集し、天気や気温などの気象条件と付き合わせて分析。雨の日や深夜などの利用が少ない時間を可視化し、割引キャンペーンなどで、利用の平準化につなげています。また、今後は料金を変えるダイナミックプライシングの導入も検討しております。
これらの取り組みに対し、JDMC様よりいただいたコメントの一部を引用させていただきます。

現在多くの業界・企業が取り組み始めているデジタル変革であるが、古くからあるコインランドリーに着眼し、それをデータ分析によって作り変えようとしている点でウォッシュプラスの取り組みは他の模範となり得るものである。この点を評価し、アナリティクス賞を授与する。

(引用元:JDMCのプレスリリース:https://japan-dmc.org/?p=13341

【データマネジメント賞とは】
本賞は、データの蓄積や管理・活用などのデータマネジメントにおいて、他の規範となる活動を実施している企業・官公庁・団体・個人を表彰するため、2014年にJDMCによって設立されました。データマネジメントの役割や重要性を広 く周知するとともに、先駆的な実践ノウハウを共有することを目的としています。

今回受賞した「アナリティクス賞」は、データ量が劇的に増加する中、企業情報システム、ウェブアプリケーション、センサーなどが生み出す膨大なデータを分析し、さらにサードパーティーデータ等も併せて活用しなが ら、実際のビジネスの現場で活用することにより、多大な成果を上げた取り組み対し贈られます。

【会社概要】
社名  : 株式会社wash-plus(ウォッシュプラス)
所在地 : 〒279-0004 千葉県浦安市猫実1-9-5
代表者 : 代表取締役 高梨 健太郎
設立  : 2013年5月
事業内容: 総合コインランドリー事業・システム開発
URL   : http://wash-plus.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ