株式会社 イデアル
どこでも手軽に電気を持ち運べる時代に

海外製品の小売業・OEM販売を行う株式会社イデアル(本社:埼玉県久喜市、代表:山岡慎太郎)が、頻繁に起こる災害の備えとして、避難時にも手軽に持ち運びができる軽量・コンパクトなポータブル電源の新発売に向けて、クラウドファンディングのMakuakeでプロジェクトを開始しました。



PhewMan100
MakuakeプロジェクトページURL: https://www.makuake.com/project/phewman100/

【開発の経緯】
2019年、2020年の台風におきましても大規模な停電・断水が発生し、多くの方に対しての被害が生じました。台風被害により困ったこととして挙げられる項目では9割以上の方が「電気を使うことができない」という調査結果が得られており、実際に避難所では携帯電話の充電に1-2時間待ちといった状況が確認されております。

そのような状況の中での解決策として、弊社は2019年よりACコンセントを使用して電気の供給が可能なポータブル電源の開発・販売を行っておりましたが、実際に避難をしなければならない状況となると、サイズも大きく重さも3kg以上もある電源を持ち運ぶことが困難である状況であることが分かりました。
ポータブル電源は各種販売がされておりますが、3kg以上であるものがほとんどであり、重たいものでは10kgを超えてきます。

「すぐに避難をしなければいけないときに重たいバッテリーを持ち運ぶことは難しい」というお客さまの声から軽くて持ち運びが便利なポータブル電源の開発に至りました。
※弊社社員も2019年の台風19号で避難をしたのですが、緊急時においてはいつものように頭が働かず、ポータブル電源を持ち運ぶことができませんでした。

【PhewMan100とは】
お客様の声と弊社社員の実体験により生まれた、日常から非常時まで対応可能なポータブル電源です。
防災リュックやカバンにもすっぽりと入るペットボトル大の大きさで、重さもわずかりんご3個分(900g)と女性でも軽々持てる圧倒的な軽さを誇ります。あらかじめ準備をしていた防災バッグに入れておくことで、いざといった時にも忘れる心配はございません。




小型にもかかわらず、27,000mAh/97.2Whと大容量でスマートフォンも5回もフル充電可能であり、さらには扇風機や電気毛布も使用可能のため、生活環境もつくることができます。

バッテリーとして懸念される点は安全性であると思います。近年リチウム電池を使用した製品の発火事故が多く起こっており、2019年だけでも231件の確認がされております。
※参考URL:https://www.nite.go.jp/data/000106070.pdf
PhewMan100は電気用品安全法のPSEマークはもちろんのこと、BMS(バッテリーマネジメントシステム)という制御回路[過充電・加熱・短絡(ショート)・過電圧などを保護する回路]を搭載し、安全に使用できるように設計を行っております。


現在、クラウドファンディングのMakuakeで多くのご支援をいただき、目標支援額の1000%を達成するという好評をいただいております。



プロジェクト期間中は応援価格として20%offの17,400円(税込み)で販売をしております。

--------------------------------------------------------------------------------

PhewMan100商品概要】
サイズ :直径8.5cm×17.5cm
充電時間:3-4時間
重量  : 899g 
製品容量:27,000mAh / 3.6V / 97.2Wh
出力  :100W (最大出力:200W)
販売価格:21,400円(税込)      
--------------------------------------------------------------------------------

【Makuakeプロジェクト概要】
期間: 2020年9月16日14:00~2020年10月30日(金)18:00
URL:https://www.makuake.com/project/phewman100/


【会社概要】
社名   : 株式会社イデアル
本社所在地:〒349-1103 埼玉県久喜市栗橋東一丁目19番3号
代表者  : 山岡 慎太郎
事業内容 :海外製品の小売業・OEM販売
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ