PREO DESIGN合同会社
飲食店の食券前売りサービス「みらいの食券」(運営:PREO DESIGN合同会社 / 代表:古庄 伸吾)は、熊本県内の自治体・商工団体・銀行・新聞社等と連携し、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている県内飲食事業者の事業継続への支援を目的に、飲食店応援プロジェクト「#SAVE THE EATS KUMAMOTO」を開始。 そして、本日2020年4月28日(火)、熊本県知事 蒲島郁夫氏や熊本市長 大西 一史氏などの主要関係者参加のもと、プロジェクトキックオフを行いました。



・#SAVE THE EATS KUMAMOTO 特設サイト:https://kasesuru.jp/save_the_eats_kumamoto
・みらいの食券:https://lp.mirai-ticket.jp/shopentry


「SAVE THE EATS KUMAMOTO」について
みらいの食券 代表 古庄 伸吾よりコメント
「みらいの食券」について
会社概要



1、「#SAVE THE EATS KUMAMOTO」について
「#SAVE THE EATS KUMAMOTO」は、新型コロナウイルス感染拡大を受けた県内飲食事業者の急激な売上減少を踏まえ、県内一丸となった飲食店応援プロジェクトです。
「みらいの食券」等の飲食代金先払いサービス提供事業者と、熊本県内の自治体・商工団体・銀行・新聞社等が連携することで、県内飲食事業者に対する積極的な売上支援、飲食事業者の事業継続意欲向上に向けた同サービスの活用及び利用促進に向けた情報発信等を行ってまいります。
※本プロジェクトの特設サイトはコチラ:https://kasesuru.jp/save_the_eats_kumamoto

◆2020年4月28日(火) プロジェクトキックオフ参加者
・株式会社肥後銀行 頭取 笠原慶久
・熊本県 知事 蒲島郁夫
・熊本市 市長 大西一史
・熊本県商工会連合会 会長 笠愛一郎
・熊本商工会議所 会頭 久我彰登
・株式会社熊本日日新聞社 代表取締役社長 河村邦比児
・Gigi株式会社 代表取締役 今井了介
・みらいの食券 代表 古庄伸吾



2、みらいの食券 代表 古庄 伸吾よりコメント
今回、この取り組みに参加させていただくことになりました。
現在熊本県でも、休業されていたり、営業時間を短縮されたりしていているお店が非常に多く、先が見えない状況の中で、非常に苦しく不安な時期を過ごされていることと思います。
地元熊本発祥のこのサービスが、この困難を乗り切る支えの1つになれればと思っており、全力でサポートしていくのでどうぞよろしくお願いします。


3、「みらいの食券」について
◆みらいの食券で、みらいのファンを。
「みらいの食券」は飲食店の食券(回数券)を発行しスマホで販売できるサービスです。事前に決済されるのでお店の収益構造改善にもつながり、回数券なので来店が促され常連化にも期待できます。食券+お店独自の「お礼の気持ち」で新たなファンを獲得しましょう。

◆飲食店の利用例
・THE LOCAL BURGER(熊本):https://mirai-ticket.jp/shop/13
・BARミナワラ(沖縄):https://mirai-ticket.jp/shop/14
・Alaska zwei(東京):https://mirai-ticket.jp/shop/26

◆飲食店の方へ
現在、加盟店無料トライアル実施中です。こちらの「飲食店の方向けページ」よりお申し込みください。掲載から2ヶ月は無料トライアル期間になりますので一切料金はかかりません。
※飲食店の方向けページ:https://lp.mirai-ticket.jp/shopentry

◆地方自治体や商店街の方へ
現在、地方自治体や商店街の方から提携や導入の相談を多数いただいております。みらいの食券の改善や運営も進めることはもちろん、他にも飲食店の経営改善のサービスを準備しておりますので、興味をもってくださった方は、お気軽にご相談ください。
※お問い合わせのメールアドレスはコチラ:info@preodesign.com(担当:PREO DESIGN 古庄)




4、会社概要
◆PREO DESIGN合同会社
所在地:熊本市北区清水亀井町55-63 TORTUE B-3
創業:2016年5月
代表者:代表 古庄 伸吾
事業内容:
・食券前売りサービス「みらいの食券」の開発運営
・ブランディング構築、デザイン、Web制作、マーケティング
URL:https://preodesign.com

◆株式会社thinkgarbage(シンクガービッジ)
地域版 #SAVE THE EATS KUMAMOTOサイト
トータルプロデュース・VI

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ