Paddle株式会社
新型コロナの影響でオンライン研修のニーズが増加


クラウド型コーチサービスを展開するPaddle株式会社(本社:東京都品川区西五反田、代表取締役:大西 雄大、以下:当社)は、「マネトレ」の利用者が300名を突破したことをお知らせいたします。
新型コロナウイルス感染拡大により、止むを得ず集合研修の中止や、変更を検討する企業も多く出てきており、テレワークのように、研修もオンラインでできないかとのご相談が増えております。


マネトレは、マネジャーひとりひとりにコーチがつき、マネジメント力を高める「クラウド型コーチサービス」です。データ分析を活用した、これまでにない新しいマネジャー育成をオンラインで提供しております。

コーチと利用者のコミュニケーションを365日オンラインで実施しており、従業員が一箇所に集まる必要がなく、研修のオンライン化が可能です。
そのため、コロナウイルス感染拡大を受けて従来の集合研修の見直しを余儀なくされている企業の一助になれるサービスです。

お問い合わせ増加に伴い、従来の研修の置き換えだけでなく、クラウド型コーチという新しいサービスを、これまでの研修にプラスしてご利用いただく企業も増えております。

コロナウイルスという未曾有の災害による悪影響が各所に及んでおりますが、マネジメントに関する学びをオンラインで提供することで、マネトレは「マネジメント変革による強い組織づくり」の実現に向けて、管理職の学びの機会を継続させてまいります。

【URL】https://manetore.net/

■Paddle株式会社について
「誰もがクリエイティブに能力を発揮できる社会をつくる」をMissionに、人や組織が前進するためのパドルになることを目指し、2019年10月末にクラウド型コーチサービス「マネトレ」をリリース。企業の管理職に対し、マネジメントに関する学びを提供しています。

■会社概要
会社名  Paddle株式会社
所在地  東京都品川区西五反田1‐24‐4 タキゲンビル8階
代表者   代表取締役 大西 雄大
設立   2018年1月5日
URL   https://paddle-japan.com/
サービス https://manetore.net/
事業内容 :クラウド型コーチサービス「マネトレ」の開発・運営
問い合わせ先 :info@manetore.net
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ