株式会社Splink
~神戸市に拠点を置き、神戸市が展開するヘルステック計画に貢献してまいります~

ブレインヘルスケア事業、医療データ基盤事業を展開する株式会社Splink(本社:東京都千代田区、代表取締役:青山 裕紀、以下Splink)が、神戸経済の持続的な成長を目指してITを活用したスタートアップの育成支援を行っている神戸市から「スタートアップ補助制度」の対象企業にこの度認定されましたことをお知らせいたします



   
■ 神戸市との取組み等
Splinkは、今回の神戸市による「スタートアップ補助制度」の対象認定にあわせて、神戸市に新たに事業所を開設いたします。

尚、当社は、2019年度に開催された神戸市による「500 Kobe Accelerator 」において、神戸医療産業都市(以下KBIC)との連携による相乗効果が期待できるヘルステック領域の企業を募集したプログラムで、174件の応募から採択されております。

加えて、2020年7月1日には、Splinkは、神戸市の”STOP COVID-19 × #Technology”に採択されました。そして、神戸市の支援のもと、新型コロナウイルス蔓延に伴う環境変化が疲労・メンタルヘルス・認知機能に与えている影響を見える化する実証実験を開始することが決まっております。


■今後について
神戸市が期待するヘルステック領域で私たちも積極的に世界に通用するプロジェクトの開発に着手いたします。これからは神戸市のお力をお借りしながら、日本及び世界のヘルステック領域における課題解決に取り組んで参ります。


※ 神戸市の「スタートアップ補助制度」について
神戸経済の持続的な成長を目指しITを活用したスタートアップ(成長型起業家)の育成支援を行っている神戸市が、以下のような企業の集積・定着のために設けた制度です。
高度IT技術を活用した今後成長が見込まれる3年以上の事業計画を有する方。かつ革新的なアイデアと高度IT技術を活用した事業の経験・実績、または知識・能力がある方
既存産業の高付加価値化やイノベーションを誘発する3年以上の事業計画を有する方。かつ同等の事業における経験・実績、または知識・能力がある方
URL:https://trigger.city.kobe.lg.jp/startups/

※「500 Kobe Accelerator 」について
シリコンバレーを中心に世界的に活動するスタートアップの育成支援団体(アクセラレータ)である500 Startupsと連携し、神戸市が実施している起業家支援プログラムです。
URL:http://500kobe.com/past/

※ 神戸市の”STOP COVID-19 × #Technology”について
全国のスタートアップから新型コロナウイルス感染症対策となり得るテクノロジーや提案を募集・支援する取組みです。スタートアップ企業と社会・地域課題を詳しく知る神戸市職員が協働して最適な解決手法を見出し、サービスとして構築・実証までを支援する「Urban Innovation KOBE」の取組みのひとつです。
・Urban Innovation KOBEのURL:https://urban-innovation-japan.com/for-covid-19/
・採択並びに実証実験に関する神戸市プレスリリース:https://www.city.kobe.lg.jp/a14333/business/sangyoshinko/shokogyo/venture/newindustry/press/866874707042.html
・Splinkプレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000060865.html

■ Splink会社概要
神戸オフィス:神戸市中央区磯上通7-1-5WeWork(ウィーワーク)三宮プラザEast
本社所在地:東京都千代田区霞が関3丁目3−2 新霞が関ビル18階
事業内容:ブレインヘルスケア事業、医療データ基盤事業
設立:2017年1月
代表取締役:青山 裕紀
URL:https://www.splinkns.com/


■ Splink採用情報
URL:https://www.wantedly.com/companies/splinkns


■ 本件に関するお問い合わせ
e-mail:pr@splinkns.com(広報担当:沖本)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ