武蔵野文学館
~ 芥川賞作家の三田誠広氏、新潮社編集部の佐藤誠一郎氏をお迎えして ~

武蔵野大学文学部・武蔵野文学館は、オンライン創作講座「短編小説の書き方」を開催いたします。 本講座は、「むさしの学生小説コンクール」(下記のURLを参照してください)に先立つ緊急特別企画です。 【URL】https://www.musashino-bungakukan.jp/concours/


三田誠広氏
講座詳細
今、「青春は、140字じゃ終わらない」と感じている人たちに向けて、創作講座を開催します。 講師陣は、高校生でデビューした芥川賞作家の三田誠広氏と、数々の文学新人賞を立ち上げてきた敏腕編集者の佐藤誠一郎氏(新潮社)です。初心者を対象に、短編小説の書き方を伝授します。ZOOMを活用したライブ配信でおこないますので、世界のどこからでもアクセスできます。

実施の背景
#文学は自粛しない・文学を自粛させない#
2020年3月、武蔵野大学の文学部では、求められた自粛期間を自宅で書物を精読する時間と位置付け、新学期からオンライン授業を開始しました。
それから約1年、全面開館を自粛してきた武蔵野文学館では、「緊急文学宣言 2021」を発表し、「むさしの学生小説コンクール」を開催することにしました。 テーマは「学校 2021+」。優秀作品は、新潮社から刊行される書籍として、本屋さんの店頭に並びます。自由な表現活動を志す中学生、高校生、大学生らの応募を期待しています。
今回の創作講座は、「むさしの学生小説コンクール」の開催に先立つ特別企画です。小説を書いてみたいと考えているすべての方々を対象とし、その文学活動がより実りあるものになることを願っています。

プログラム
【第一部】13:00~13:50 三田誠広氏(芥川賞作家) 「初心者のための短編小説の書き方」
【第二部】14:00~14:50 佐藤誠一郎氏(新潮社編集部) 「自分からいったん離れてみよう」

登壇者プロフィール
三田誠広
1948年生まれ。早稲田大学文学部卒。高校生の時に「Mの世界」で作家デビュー。1977年「僕って何」で芥川賞受賞。著書に『いちご同盟』ほか多数。 日本文藝家協会副理事長。武蔵野大学名誉教授。詳しくは以下の URLを 参照。 https://www.musashino-bungakukan.jp/keyperson/keyperson03.htm
佐藤誠一郎
1955年生まれ、東京大学文学部卒。新潮社入社後、「新潮ミステリー倶楽部」ほか3つの叢書を手がけると共に、「日本推理サスペンス大賞」を初め5つの文学新人賞を立ち上げる。宮部みゆき、高村薫、天童荒太、佐々木譲等の作家担当を歴任。

実施概要
イベント名:オンライン創作講座
開催日:2021 年 2 月 20 日(土)
参加費:無料(事前申込が必要です)
申込方法:以下のページよりお申し込みください。
https://zoom.us/meeting/register/tJYvf-uuqD0oHtUf0RbQPZ057uaCk69_jbKk
https://note.com/musashino_honke
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ