OSSラボ
JS7(R) JobScheduler V.2.0.0 メジャーリリース公開

今回のリリースでは、JobSchedulerコントローラ、エージェント、JOCコックピットが一新されました。JobSchedulerは、アーキテクチャと機能の大きな変更を示すために、JS7(R) JobSchedulerにブランド名を変更しました。 JS7(R)は、パフォーマンス、耐障害性、セキュリティのために設計された次世代のオープンソース・ジョブ管理システムです。


オープンソースジョブ管理ツールであるJobSchedulerは、2005年に初版を公開して以来16年に渡り進化を続け、国内でも金融機関や製造業、保険会社など多数のお客様の基幹業務で採用されています。
従来のオープンソースポリシー、プログラマブルな柔軟性、完全なAPIの提供などの特徴はそのままに、プロプライエタリな商用製品を凌ぐパフォーマンス、耐障害性、セキュリティを実現するために、完全に再設計され生まれ変わりました。


JS7(R)JobSchedulerの特長
オープンソース(GNU Public License V.3)

無料で商用使用可能。(但しクラスタリング機能は有償ライセンスが必要)
有償ライセンスを購入すれば、クラスタリング機能に加えて、障害対応、バグフィックス/ワークアラウンドの提供、新機能の早期提供、などのサービスを提供

高耐障害性


ジョブ管理ツールが抱える問題は、それ自身が持つデータベースやネットワークへの依存性のために、それらが障害時にジョブの実行制御ができなくなることでした。特にクラウドネイティブな環境では、障害があることを前提にシステム運用を考えなければいけません。
JS7(R)では、使用するデータベースやネットワークに障害が発生しても、ジョブ実行制御には支障がありません。障害発生中も計画されたジョブは実行し続け、障害復旧後に実行結果やログが自動的にリストアされます。

大規模対応


~ 20万ワークフロー
~ 100万ジョブ
~ 1,000エージェント
~ 20,000タスク並列実行
ジョブ起動オーバーヘッドなし
1万タスクを5ミリ秒で同時起動

プログラマブル


ジョブの中で、shell, PowerShell, Java, 及びGraalVMで使用できる JavaScript、Pythonなどの APIを使ったロジックを記述可能
外部APIによりRESTまたはPowershellからジョブの実行制御、実行状況の取得が可能

セキュリティ


各モジュール間通信の公開鍵認証
JOCコックピットまたは外部認証局で証明書を作成・署名
ルート証明書と中間証明書を各コントローラーとエージェントに配布
ジョブ定義ファイルの公開鍵認証
JOCコックピットまたは外部認証局でジョブ定義ファイル毎に署名
各コントローラー及びエージェントで配布された署名が一致するかを確認

エンタープライズ・グレード


ファイル転送やログローテンション等豊富なテンプレート機能
リモートジョブ実行、冗長化機能、ロードバランス、外部認証等、エンタープライズ向け大規模システム対応
SAP S/4 HANAとの連携機能(予定)
Zabbix/Nagios(ジョブ実行監視)との連携機能
MySQL/MariaDBの他、PostgreSQL, Oracle, DB2, MS SQL Server, H2に対応
豊富な実績

スクリーンショット


ダッシュボード


実行計画
ワークフローエディター


ぜひ下記からダウンロードして、お試しください。
https://www.sos-berlin.com/en/jobscheduler-downloads
Docker版も公開されています。
https://qiita.com/satoruf/items/360fee5293611433ed33
オンラインデモはこちらからお申込できます。
https://www.sos-berlin.com/en/try-out
ジョブ管理 JS7(R)JobScheduler
https://www.ossl.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ