大阪・光の饗宴実行委員会事務局

“希望の光”をテーマに、コロナ禍においても皆さんが明るく元気になるよう願いを込めて、11月3日(火曜日・祝日)より開催している大阪・光の饗宴2020。その公式ホームページでは、只今全プログラム情報を公開中。イルミネーション情報を紹介するだけでなく、各プログラムの混雑状況がリアルタイムで見られる“混雑レーダー”や、足を運べない方がどこでもイルミネーションをお楽しみいただける360°動画など、コロナ禍を考慮したコンテンツを用意しています。

(左)大阪・光の饗宴公式ホームページ 
(右)Yahoo! 混雑レーダーイメージ

■多彩な動画コンテンツ“光のバーチャルツアー”を配信

イルミネーションを見に来られない方もパソコンやスマートフォンで楽しめる、動画コンテンツを公開。全プログラムをその場にいるかのような視点で楽しむことができる、VR対応の「360°動画」のほか、「OSAKA光のルネサンス2020」の目玉である大阪市中央公会堂プロジェクションマッピングのLIVE配信など、多彩な動画コンテンツを公開予定です。

(左)大阪・光の饗宴2020プロモーションムービー(公開中)
(右)VR対応・360°動画

↓↓↓「光のバーチャルツアー」(随時更新)ページはこちらから
https://www.hikari-kyoen.com/movie/
↓↓↓大阪・光の饗宴公式ホームページはこちらから
https://www.hikari-kyoen.com/

■12月14日(月)からは「OSAKA光のルネサンス2020」が開幕!

18年目を迎えるOSAKA光のルネサンスは、大阪の歴史ある建築物「大阪市中央公会堂」の壁面を使った光のアート作品を中心に、水都大阪のシンボル中之島に広がる水辺の風景を活かした光のプログラムを実施。観光誘客とともに、おもてなしあふれる開催をめざします。


大阪市中央公会堂プロジェクションマッピングイメージ
開催日程:2020年12月14日(月曜日)~12月25日(金曜日) ※12日間
開催時間:17:00~22:00(一部コンテンツは~23:00)
一部点灯期間:11月3日(火曜日・祝日)~12月13日(日曜日)、
12月26日(土曜日)~12月31日(木曜日)
一部点灯時間:17:00~23:00
(一部点灯コンテンツは、大阪市庁舎正面イルミネーションファサードとフォトモニュメント、中之島イルミネーションストリート)
開催場所:大阪市役所周辺~中之島公園
最寄駅 :Osaka Metro・京阪「淀屋橋駅」「北浜駅」「天満橋駅」、京阪「なにわ橋駅」
OSAKA光のルネサンス会場MAP

■御堂筋イルミネーション2020開催中

御堂筋イルミネーション2020イメージパース
大阪のシンボルストリート御堂筋。梅田から難波までの区間がイルミネーションできらめく「御堂筋イルミネーション2020」も開催中!世界的スケールの光の道は2015年1月に世界記録として認定されました。ブルーミックスゾーン(久太郎町3から新橋)では、御堂筋イルミネーション初の色彩が変化するフルカラーLEDを装飾し、冬の御堂筋を華やかに彩ります。さらに、ゾーンごとに異なる色の重なりを楽しんでいただけるよう、7種類のカラーで各ゾーンを染め上げます。動画や写真を撮りながら、様々な表情を見せる御堂筋をぜひ歩いてみてください。

開催日程:2020年11月3日(火曜日・祝日)~ 12月31日(木曜日) 59日間
点灯時間:17:00頃~23:00
開催場所:御堂筋(阪神前交差点~難波西口交差点)

1.AR(拡張現実)で見るスペシャルイルミ
指定の場所からスマートフォンをかざすと、画面上に特別なAR演出が見られるスペシャルイルミも登場。様々なオブジェクトが出現し、イルミネーションを盛り上げます!
イメージ
2.折り鶴のモチーフツリー
明るく元気になるよう願いを込めた折り鶴のオーナメントを装飾。御堂筋の色々なところに登場するので、歩きながら探してお楽しみください!
モチーフツリーの様子
■エリアプログラムの追加


大阪府域で地域活性化に取り組む団体等が実施するエリアプログラム。
このたび、以下のプログラムがエリアプログラムへ参加することが決定しました。今回の追加により、エリアプログラム数は14団体16プログラムとなります。
※その他のエリアプログラムについては、2020年9月30日(水曜日)に報道提供済みです。

↓↓追加プログラムの詳細はこちら
築港ベイエリアイルミネーション
築港ベイエリアイルミネーションイメージ
開催日時:2020年11月20日(金曜日)~2021年2月28日(日曜日)
17:00~22:00 ※1月13日(水曜日)、14日(木曜日)を除く
開催場所:天保山エリア
実施団体:築港・天保山ウィンターイルミネーション実行委員会
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ