株式会社メディカルアドバンス
回答者の約半数は間食が増えたと回答、歯科医院への予約を控えた方が約3割、約半数が歯科専門家によるオンラインセミナーの受講を希望

株式会社メディカルアドバンス 株式会社Tree of Heart 歯科クリニック内覧会プロデュース 業界1位の株式会社メディカルアドバンス(以下、メディカルアドバンス)と健康経営度向上支援サービスを展開している株式会社Tree of Heart(以下、Tree of Heart)は、この度<「新型コロナウイルス」による口の健康等への影響に関するアンケート>を実施しました。


新型コロナウイルス感染症防止のため在宅勤務対象者が増加している中で、口の健康等への影響について調査したもので、2020年5月7日(木)~5月15日(金)に行いました。

本調査結果から、リモートワーク中の口腔内環境に課題があることが分かりました。

歯の健康や予防はセルフケアとプロによる定期的なメインテナンスで成り立ちます。しかし、本アンケートの結果より新型コロナウイルスの影響によりそのバランスが崩れていることがわかりました。

メディカルアドバンスとTree of Heartは、引き続き生活習慣の変化に伴う健康維持に関する課題の把握に努め、解消につなげる取り組みを模索してまいります。

【アンケート結果トピックス】
・新型コロナウィルス感染拡大により歯科医院への通院に不安がない方は約3割にとどまった、約3割が予約行動を控えたと回答
・約半数は間食が増えたと回答
・歯の健康知識向上のため、約半数が歯科専門家(歯科医師、歯科衛生士)による無料オンラインセミナーを希望


1、歯科医院に通院することに対して
歯科医院への通院に不安や抵抗がないと回答した方は約3割にとどまっており、逆を返すと約7割が不安や抵抗があると感じているといえます。特に「人と関わることが不安(38%)」「口を開けることに不安や抵抗(35%)」の回答が目立ちました。
また、「定期検診もしくはメインテナンスの予約をキャンセルした(9%)」「治療の予約をキャンセルした(7%)」「予約をしていない、予約をとらないようにした(25%)」など新型コロナウイルスの影響で通院行動を控えている方がいらっしゃることがわかりました。



2、リモートワーク期間中の間食行動について
約半数の方が間食の回数が増えたと回答
リモートワーク期間中に「会食の回数が増えた(45%)」と答えた方が半数近くいらっしゃいました。間食によりむし歯や歯周病のリスクが高くなっている一方で、コロナ禍で歯科医院への通院を控える傾向があり、口腔内が危険な状況であるといえます。


3、歯科専門家(歯科医師、歯科衛生士)による無料オンラインセミナーについて
約半数が専門家によるオンラインセミナーの受講を希望
特に「歯のセルフケア法(42%)」を希望する方が多く、自身でのケアやメインテナンスへの関心の高さが伺えました。また、「コロナ禍における良い歯科医院の見分け方(20%)」への回答も目立ちました。その他の中には「通院している歯科医院で指導を受けている(回答数1)」「直接指導を受けたい(回答数1)」という回答もあり、オンラインではなく直接の指導に価値を感じる方もいらっしゃるという結果となりました。


【調査概要】
調査名:「新型コロナウイルス」による口の健康等への影響に関するアンケート
調査方法:インターネットを通じたアンケート方式
調査期間:2020年5月7日(木)~5月15日(金)
調査対象:新型コロナウイルスの影響によりリモートワーク(在宅勤務)を行っている方、もしくは行っていた方 ※歯科関係者は対象外
回答者数:216名

株式会社メディカルアドバンス (https://www.medical-advance.com/
設立:2004年2月10日
・予防医学啓蒙事業
・企業や個人と歯科クリニック間のマッチングサービス
・クリニック開業・集客支援 他
予防医学の更なる普及を目指し、企業や個人への予防啓蒙活動やサポートを行っております。

株式会社Tree of Heart (https://tree-of-heart.jp/
設立:2015年12月1日
・健康経営導入コンサルティング
・健康経営度調査票作成サポート
・経験豊富な専門職による健康経営施策サポート 他
従業員の心身のコンディションを整え、エンゲージメントを高めるための様々な施策をご提供し、組織の本質的な問題を解決するコンサルティングを行っております。

本件に関する問い合わせ先
株式会社メディカルアドバンス
担当:松岡
メールアドレス:contact@medical-advacne.com

株式会社Tree of Heart
担当:藤田
メールアドレス:fujita@tree-of-heart.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ