【カルディ】不動のロングセラー! 愛され続ける「しっとりチーズケーキ」で至高の時間を

たくさんのスイーツが販売されているカルディ。新商品もどんどん出ていますが、人気のロングセラー商品もたくさんあります。この記事では、長く愛されている商品の1つ「しっとりチーズケーキ」を実食レビューしていきます!

カルディ「しっとりチーズケーキ」
カルディ「しっとりチーズケーキ」
カルディのスイーツは個性的でおいしいと大評判。新商品もどんどん出ていますが、人気のロングセラー商品もたくさんあります。この記事では、長く愛されている商品の1つ「しっとりチーズケーキ」を実食レビューしていきます!

カルディの「しっとりチーズケーキ」とは?

カルディの「しっとりチーズケーキ」は、しっとりと焼き上げたベイクドチーズケーキ
カルディの「しっとりチーズケーキ」は、しっとりと焼き上げたベイクドチーズケーキ
カルディの「しっとりチーズケーキ」は、しっとりと焼き上げたベイクドチーズケーキです。長きにわたって販売されているロングセラーのスイーツです。

直径約15センチのホールケーキなので「ちょっと食べたいな」というときには小さめに、「ぜいたくなおやつにしたい」と思ったら大きめに、と自由にカットできます。お茶会などにもおすすめですよ。

原材料や保存方法、カロリー、賞味期限は?

原材料や保存方法、カロリー、賞味期限
原材料や保存方法、カロリー、賞味期限
カルディの「しっとりチーズケーキ」の原材料は、写真の通りです。カロリーは1個あたり642キロカロリーです。1回に4分の1ほど食べるとしたら、カロリーは約160キロカロリーになります。

2024年4月9日に購入した「しっとりチーズケーキ」の賞味期限は、2024年5月20日でした。直射日光や高温多湿を避けて保存してください。袋の中には脱酸素剤が入っていますが、開封すると効果を失ってしまいます。そのため、開封後は冷蔵庫で保管をして、2日以内には食べ切るようにしましょう。

分かりやすいパッケージが目印!

商品名が大きく書かれていてわかりやすい
商品名が大きく書かれていて分かりやすい
カルディにはいろいろな商品が並んでいるので、お目当てのものが見つけにくいときがあります。その点「しっとりチーズケーキ」は、パッケージに大きく「しっとりチーズケーキ」と書かれているので、分かりやすいですね。

チーズケーキ特有の焼き目にうっとりするも……

「しっとりチーズケーキ」はひっくり返って入っている
「しっとりチーズケーキ」はひっくり返って入っている
「しっとりチーズケーキ」をパッケージから出すと、上の部分がチーズケーキの底になっています。ひっくり返すと、チーズケーキ特有の焼き目が見えて、おいしそうです!
シートをはがすと焼き目も一緒にはがれてしまう
シートをはがすと焼き目も一緒にはがれてしまう
しかし、表面にはシートが貼られていて、これをはがそうとすると焼き目が部分的に取れてしまいました。これはちょっぴり残念……。

チーズの香りがとってもおいしそう! フォークで少し触れてみるとふんわりとしているので、口の中で溶けていくイメージが湧きました。

しっとりふわふわ。甘さ控えめで食べやすい!

断面はチーズケーキそのもの
「しっとりチーズケーキ」の断面図​​​
「しっとりチーズケーキ」を4等分してみました。フォークで切って食べてみると、口の中で溶けるような柔らかい食感! 想像した通り絶品です。パサパサすることもなく、程よいしっとり感です。コーヒーとの相性もよさそうです。
果物を添えても美味しそう
果物を添えてもおいしそう
カルディの「しっとりチーズケーキ」は、甘さやチーズ感が絶妙で、お子さんからご年配の方まで食べられるスイーツです。しっとりしているので、その食感も楽しんでほしいです。果物を添えてもよさそうですね。


■商品情報
商品名:「しっとりチーズケーキ」
価格:398円(税込)
販売者:株式会社キャメル珈琲
内容量:1個(直径約15センチ)
カロリー:642キロカロリー
販売地域:全国のカルディ各店またはカルディオンラインショップ
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない