何かやましいことでも…?猫が目をそらす理由を4つのケース別に解説!しつこく見つめると嫌われる?

大好きな愛猫の目を見たら、スッと目をそらされた経験がある飼い主さんは多いのではないでしょうか。悲しい気持ちになったり、何かやましいことでもあるのかと思ったりしてしまいますよね。猫が目をそらす理由をご紹介します。

1.敵意がないから

猫

目をそらすのは「敵意はないよ」「ケンカをしたくないよ」ということを伝えるためです。

猫同士では目をじっと見つめることで相手に敵意があることを伝えています。にらみ合いになるとケンカに発展してしまうこともあるのです。

テリトリーが重なる猫同士が出会ってしまった場合、目をそらしてやり過ごし、ケンカにならないようにしています。ケンカをしてケガをすれば命に関わるため、無駄なケンカをしないための方法なのです。

そのため、飼い主さんが猫の目をずっと見つめていると「ケンカをするつもりなのか?」と警戒される可能性があります。

 

2.信頼しているから

猫

猫は知らない人や知らない猫が現れたときは「あれは何だ?敵か?」と距離をとって観察をします。しかし、現れたのが飼い主さんであれば、信頼できる人だと分かっているので観察をする必要がなく目をそらしてしまうのです。

我が家の猫も私が猫部屋に入るとこちらを見るのに、すぐに目をそらすことがよくあります。

しつこく猫の目を見続けていると、猫との信頼関係に影響がでてしまうかもしれません。

 

3.叱られることをしたから

猫

飼い主さんから入ってはいけない、乗ってはいけないと言われている場所に行ったり、同居猫のごはんを食べてしまったり、叱られると分かっていることをした後は、飼い主さんから目をそらすことがあります。

叱られる前に「敵意はありません」と猫からアピールしているのです。それでも猫の目を見続けてしまうと、叱られると思って飼い主さんを怖がるようになるかもしれません。

猫は叱っても効果がないことが多いです。猫を叱らないで済むように環境を変えてあげる方が飼い主さんにも猫にもプラスになるでしょう。

 

4.警戒している、ストレスを感じているから

猫と人

猫は愛情表現や要求をするときは飼い主さんの目を見つめます。しかし、猫が目をそらしたり、目を合わしてくれなくなった場合は、飼い主さんに対して警戒している可能性があります。

猫の足やしっぽを踏んでしまった、大きな音を出して猫を驚かせてしまったなど、猫が嫌がることをしてしまったのかもしれません。目をじっと見つめないようにして、やさしく声をかけて少しずつ距離を縮めていきましょう。

また、実はストレスを感じている場合もあります。同居猫との関係、猫にあった部屋作りになっていない、体調不良など原因を突き止めるのは時間がかかる場合もありますが、早めに対処してあげましょう。

 

まとめ

猫と人

猫が目をそらすのは、飼い主さんとケンカをしたくない気持ちや警戒していることが理由として挙げられます。

猫は目を見つめられるのはあまり好きではないので、ゆっくりまばたきをするなどして猫と良い関係を保ちましょう。
 

提供・ねこちゃんホンポ

【関連リンク】
猫の「心の開き度」4つを角度別にチェック!
猫が両手を伸ばして寝るときの心理5つ
蛙や蛇を食べて生き延びていた猫を奇跡的に救出!
生後たった7日で迎えた初めての保護子猫
「注射の瞬間を見られない人」状態の猫さんが話題

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」