愛猫が飼い主の足を”わざと踏んでくる”ときの理由3選 何を訴えかけているの?

ご存じのように、猫はとても俊敏です。そのため、目の前の障害物の距離を測り、素早く避けることができる動物です。しかしそんな猫が、わざわざ突然自分の足を踏んでくるのはどうしてなのか、疑問に感じたことはありませんか。

1.甘えたい

猫

足をわざと踏んでくると、「猫の機嫌が悪いのかな?」と感じてしまうかもしれませんが、猫にとっては飼い主さんに対する愛情表現でもあるのです。

猫は甘えたい気持ちが強くなると、自分の体を飼い主さんに密着させてスキンシップをとろうとします。頭やお尻をくっつけることと同じように、状況によっては人の足を踏むことも甘えているサインなのです。

「足を踏む」というよりかは触れたいがために「置いている」感覚に近いかもしれません。このとき飼い主さんの状況はおかまいなしで甘えてきますが、大好きな気持ちを伝えようとしてくれている行動だと思うと可愛いらしい一面です。

 

2.環境に不満がある

猫

飼い主さんの足を踏むときは、猫が何かをしてもらいたい時に多く見られます。

例えば、トイレに行ってきた後に足を踏んできたら「掃除してほしい」の合図かもしれませんし、遊ぶ時間が足りていないときは「もっと構ってほしい」と思っている場合もあるでしょう。

猫は過ごしている環境を常に居心地の良い空間に維持しようとしますので、ちょっとした要望やお願い事は「足を踏む」という行為で積極的に飼い主さんへ訴えかける猫も多いです。

 

3.ご飯やおやつがほしい

猫

食事は猫が一日のなかで楽しみにしている時間です。ご飯の時間が過ぎていたり、おやつをもらいたかったりすると、催促をするかのように飼い主さんの足をわざと踏むことがあります。

猫が何かを訴えかけたいことがあるとき、「高い声で鳴く」「軽く足でタッチ」「体をスリ寄せる」など、猫の状況や性格によって伝えるための手段は異なります。そのなかでも「足踏み」行為はさりげないアピールのようにも感じます。

 

まとめ

猫

猫が飼い主の足をわざと踏んでくるのは、要求のある時が多いようです。飼い主さんに自分の気持ちを伝えるためのひとつの手段となっていますので、猫の様子や行動を観察しながら求めていることを理解してあげましょう。

人からすると良いイメージを持たない足踏み行為ですが、猫目線で考えれば飼い主さんを信頼し、頼ってくれていることがわかります。さりげない猫の訴えに耳を傾けてあげると猫との絆も一層深まりそうです。
 

提供・ねこちゃんホンポ

【関連リンク】
猫が落ち込んでしまう『飼い主のNG行動』5選
猫を触ろうとすると引っ掻いてくる心理5つ
爆竹を巻きつけ火をつけられていた子猫
いつの間にか鞄に入っていた野良親子猫
しっぽの先までお姫様感が半端ない猫さまが話題!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】