猫の睡眠についての知識いくつ知ってる? 4つの真実と人との違い

猫は「寝る子」が名前の由来のひとつと言われています。よく寝ているイメージがありますよね。猫の睡眠は人と違う点がいくつかあります。今回は猫の睡眠についてご紹介します。

1.猫の睡眠時間は長い

猫

猫といえばよく寝ているイメージがあるのではないでしょうか。人の睡眠時間は約6時間ですが、猫の睡眠時間は約16時間もあるといいます。

猫は狩りをする肉食動物で、狩りをしないときは無駄なエネルギーを消費しないようにしてきたため、睡眠時間が長いのです。

成長期の子猫、活動量が減る老猫はさらに睡眠時間が長くなり、20時間も寝ることもあります。

 

2.熟睡する時間が短い

猫

人はまとめて睡眠するのに対し、猫の睡眠は細切れです。寝たり起きたりを繰り返しています。

猫も人と同じように浅い眠りのレム睡眠、深い眠りのノンレム睡眠があり、レム睡眠の時の猫は手足やヒゲが動いたり寝言をいったりして、夢を見ていると言われています。

猫は警戒心が強い生き物のため、人と比べるとレム睡眠のときの方が長く、寝ているように見えても音などに素早く反応してしまうのです。

 

3.猫の朝は早い

猫

猫は夜行性動物と思われがちですが、実は薄明薄暮性動物です。朝方や夕方の薄暗い時間帯に活発になります。そのため、早朝にごはんや遊びの催促で寝ている飼い主さんを起こしたり、部屋の中を走り回ったりすることがあります。

これは猫にとっては自然なことですが、飼い主さんにとっては困ってしまうことです。日中や寝る前に猫と遊ぶ時間を増やすと長く寝てくれることが期待できます。

また、自動給餌器を使って猫が早朝にごはんを食べられるようにすると飼い主さんを起こさなくなるでしょう。

 

4.猫の寝姿には気持ちがあらわれている

猫

人は寝ている時に寒いと丸くなって寝ますが、猫も同じように寒い時は丸くなります。暖かくなると足をのばしてお腹を上に向けて寝ます。

猫の寝姿には気温だけでなくその時の気持ちもあらわれています。急所であるお腹を下にして肉球を地面につけて丸くなって寝ているのは警戒している時です。リラックスしているときは足を伸ばして急所であるお腹を上にして寝ています。

飼い主さんに添い寝する位置にも猫の気持ちや性格があらわれます。飼い主さんの顔に近い位置で寝る猫は甘えん坊な性格、足もとや少し離れた場所で寝る猫は自立心の強い性格の猫と言われています。

 

まとめ

猫

猫は人よりもたくさん寝る動物です。浅い眠りと深い眠りを繰り返し夢を見ていると言われています。しかし、人よりも熟睡する時間は短く、本能的に朝早くから活発です。

愛猫の睡眠について、眠りを邪魔しないように観察してみてはいかがでしょう。
 

(獣医師監修:加藤桂子)

提供・ねこちゃんホンポ

【関連リンク】
猫が落ち込んでしまう『飼い主のNG行動』5選
猫を触ろうとすると引っ掻いてくる心理5つ
爆竹を巻きつけ火をつけられていた子猫
いつの間にか鞄に入っていた野良親子猫
しっぽの先までお姫様感が半端ない猫さまが話題!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】