ホンダ「ストリート」はマニアでも覚えていない!?「バモス」登場で終売となったミッドエンジンの軽バンにいま注目が集まっています!

ホンダ「ストリート」という車名を聞いて、脳裏にすぐにその車両が思い浮かんだ人はなかなかのホンダマニアと言ってもいいかもしれません。ちなみに3列シートのモデルを思い浮かべたアナタは惜しい……。それは「ストリーム」であり、全く異なる車両です。ストリートについて振り返ります。

アクティバンの派生モデルだった

ホンダ「ストリート」という車名を聞いて、脳裏にすぐその車両が思い浮かんだ人はなかなかのホンダマニアと言ってもいいかもしれない。ちなみに3列シートのモデルを思い浮かべたアナタは惜しいけれど、それは「ストリーム」であり、全く異なる車両である。

乗用ユースで使用されることを前提に製作されたモデル

ではストリートとはどんな車両だったかというと、1988年5月に登場した軽自動車であり、いわゆる軽ワンボックスバンである「アクティバン」の派生車種となる。

派生車種といってもアクティバンと同じく4ナンバー登録の商用モデルであり、先代アクティバン時代に上級モデルとして追加された「アクティ・ストリート」が単一車種となったというのが実のところだ。

ただ商用登録ではあるもののアクティバンとは異なり、乗用ユースで使用されることを前提としたモデルとなっていた。チルトステアリングやタコメーター、リアヒーターダクトといった乗用車的な装備のほか、当時の軽ワンボックスバンでは珍しくスライドドアガラスを上下に昇降するタイプにしていた。
ホンダ「ストリート」
また上級グレードには直射日光を和らげるブロンズガラスや、フロントに、スライドサンシェード付チルトアップサンルーフを、リアシートの上にはサンシェード付固定式サンルーフを装備したデュアル・サンルーフを設定していたのだった。

近年再び注目を集めている

搭載エンジンは当初3気筒550ccのものをホンダ商用車の伝統でもあるミッドシップに搭載していたが、軽自動車規格改正に伴い、1990年2月に660ccに排気量を拡大したものに置き換えられた。バンパーの大型化などで全長を100mm延長したほか、ボディ同色の大型カラードバンパーを備える最上級グレード「EX」を追加した。

1993年10月には電子制御燃料噴射装置であるPGM-FIを搭載したグレードを新設し、リアデフロックを備えた4WDやガードパイプ類、ラゲッジフックの増設などをしたアウトドアレジャーユースを想定した「FOX」というグレードが新設されている。

このように改良を繰り返しながらアクティバンとともに販売されてきたストリートだったが、1999年6月にフルモデルチェンジを果たしたアクティをベースとした「バモス」が登場したことで役目を終え、終売となった。

結局、ストリートとしては1世代のみで終わってしまった同車ではあるが、1980~1990年代のホンダ車が持つ独特の雰囲気を纏った車種のひとつとして近年再び注目を集めており、中古車の価格も上昇中となっているようだ。

TEXT:小鮒康一
提供:AUTO MESSE WEB

【関連リンク】
【画像】覚えていますか? 懐かしのホンダ「ストリート」を見る(全14枚)
農道のポルシェ「サンバー」は、スバルこだわりのエンジニアリングが詰まった軽トラでした【カタログは語る】
懐かしの丸目「マユゲ」フェイスの「ハイゼット」! こだわりのローダウンは普通じゃない方法で実現しました
軽トラにV8ターボを搭載! 三菱「ミニキャブ」にレクサスの至宝を搭載してドリフトマシン魔改造
雪国の軽トラカスタムが熱すぎる! 「軽トラック」がサーキット仕様やアゲ系仕様に大変身
ホンダ「ビート」をガルフカラーに! 「JDM」スタイルに仕上げるための「無限」パーツとは
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」