R34「スカイラインGT-R」が約3800万円で落札! 限定車「VスペックII Nür」の希少価値は絶大でした

第2世代のスカイラインGT-Rの中古車相場が高騰していますが、最新のオークションにR34の最終モデルである「スカイラインGT-R VスペックII Nür」が出品されました。予想を遥かに上回る落札価格だった結果をお届けします。

日本が誇るGT-Rの海外での評価はいかに

 RB26DETTエンジンを搭載し、トルクスプリット4WDシステムであるアテーサE-TSを採用した第2世代「スカイラインGT-R」は、1989年8月発売のR32型からはじまり、2002年8月に生産が終了したR34型でその幕を閉じた。その掉尾を飾ったのが、2002年1月24日に発表された限定車「VスペックII Nür」と「Mスペック Nür」である。

 

R34 GT-Rの最終進化版

 このふたつのグレードは、合計1000台という限定で販売されたが、発売即完売となった。エンジンはもちろん、ターボチャージャーやエキゾーストマニホールド、ウォーターポンプなどがN1レース仕様車と同じものとなっているのに加えて、エンジンにはバランス取りが施されており、スピードメーターは300km/hスケールとなっているなど、最後の限定車に相応しいものだった。

 サザビーズによると、VスペックII Nürは718台、Mスペック Nürは285台が生産されたとアナウンスしている。

 


 そんなVスペックII Nürの、675台目の生産車がRMサザビーズオークションに出品された。ボディカラーはミレニアムジェードメタリック。2002年7月に初年度登録され、同年12月と2003年7月、2004年8月に定期点検を受けている。

 マフラーのみインパルのBLASTマフラーに交換されているが、ほとんどノーマルといえるクルマだ。

 その後このクルマは、2016年12月にオイル交換をディーラーで受けていることが記録に残っており、そのときの走行距離は5万8592km。初めて中古車市場に現れたのは2017年2月のことで、そのとき手に入れたオーナーが香港へと輸出した。

 現在の走行距離は6万1234km。つまり、記録に残る最後のオイル交換から6年間で、2600kmあまりしか走行していないということになる。

 付属品は取り扱い説明書と整備記録簿、スペアホイール、ジャッキなど。この6年間はほぼ保管状態だったため、実際に走るためには油脂類の交換をはじめとした整備が必要となるはずだが、しかし状態は写真からもわかるように、かなりレベルが高い。

 

予想落札を遥かに超えるプライス

 そんなBNR34スカイラインGT-R VスペックII Nürのエスティメート(予想落札価格)は12万ポンド〜16万ポンド(邦貨換算約2000万円〜2700万円)というものだった。世界で718台のみの希少車であることと、状態の良さを考えたら、このエスティメートは理解できないものではない。

 


 そして実際の落札価格は22万4250ポンド(邦貨換算約3755万円)という予想以上のプライスでの落札となった。

 人気モデルである上に、状態の良さ、希少性の高さという観点から、ある程度の高額落札は予想していたが、しかしエスティメートをはるかに超える、4000万円近い価格には驚いた。

 確かに円安であるとはいえ、予想を遥かに上回る価格であったのは、第2世代スカイラインGT-Rの世界的な人気は、まだまだ衰えを見せていないことの証と言えそうだ。

TEXT:塩見 誠
提供:AUTO MESSE WEB

【関連リンク】
【画像】どこまで価格高騰する? バリモノR34「スカイラインGT-R」を見る(30枚)
いま日産「スカイラインGT-R」を購入するならレストア済みで! こだわり抜いた「R34」コンプリートカーとは
「GT-R」ではない「史上最強のスカイライン」と呼ばれた「鉄仮面」とは? スーパーシルエット仕様になった「R30」は別格です!
入魂のR34「スカイラインGT-R」は還暦仕様の550馬力! 首都高の速さより上質な走りへとシフト
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」