【中古車購入後にまずやるべきこと】人気のネオクラスポーツカーを長く大切に乗るための4つのリフレッシュプランをお教えします

日産スカイラインGT-Rやトヨタ・スープラなどのネオクラシックスポーツカーが人気です。しかし、どれも20年以上前のクルマばかり。カスタムすれば気持ちいい走りが手に入りますが、各部が劣化しているのも事実。気をつけるポイントを紹介します。

人気の「AE86」も初期型は1983年に登場して40年選手

 1980~1990年代に生産されたネオクラシックカー。それ以前のハコスカなどに比べれば当然ながら新しいが、古いモノはすでに車齢が40年を超えている。いざ手に入れてカスタムしたはいいものの、思ったほど性能アップを体感できなかったり、調子を崩した経験を持つ人もいるだろう。

 もちろん装着したパーツの良し悪しや相性もあるが、クルマが本来のコンディションではなかったせいで、本領を発揮できない可能性もゼロじゃないはずだ。愛着あるネオクラシックカーをトコトン味わい尽くすため、チューニングと同時か事前にやっておくべきことを挙げてみよう。

 

本来の走りを味わうなら「シャシーリフレッシュ」は必須

 まずはルックスにもコーナリング性能にも大きく影響する足まわり。車高調にしろノーマル形状のダンパーとスプリングにしろ、サスペンションのブッシュが劣化して割れている状態だったり、アーム類が曲がっていては本来の性能を味わえるはずもない。年式を考えると純正パーツを入手できるかは微妙だが、絶版になっていないのなら是が非でも押さえておくべし。

 

確実な制動力を手にするための「ブレーキまわり」

 続いては制動系だ。ブレーキパッドおよびブレーキローター、ブレーキホースの劣化や摩耗は目で見て分かりやすい。それらを思い切って新品にしたにもかかわらず、ブレーキのタッチがイマイチ頼りないときは、キャリパー本体が変形している可能性がある。

 俗に「開く」と呼ばれる症状で、こうなるとオーバーホールしても改善せず、新品やコンディションのいい中古キャリパーを探して交換するしか手はない。またエンジンルームにあるブレーキのマスター付近が濡れていたり、塗装が剥がれているときはフルードの漏れを疑ったほうがいい。

 

錆などからボディを守る「モール類の交換」

 次は最大の難敵といえるボディ。剛性アップのためにタワーバーやロールケージの装着を考える人も多いが、先にやっておきたいのは劣化したモールやウェザーストリップの交換だ。

 


 ヒビ割れたり欠けた部分から少しずつ水が浸入し、いつの間にか手に負えないほど錆が進行していた、というのはネオクラシック以降の世代でも割とよく聞く。純正パーツはすでに絶版の恐れがあるが、長さを合わせてカットする汎用品を使用したり、状態によっては補修で何とかできるケースも。

 

劣化によってエンジンを傷めないための「クーリング対策」

 最後は冷却系だ。パワーアップの手段はネオクラシック世代でも事欠かないが、クーリングが追い付かずオーバーヒートでエンジンブローした、というのは精神的にも金銭的にもダメージが大きすぎる。それを防ぐにはラジエターをはじめとする、冷却系のリフレッシュがもっとも効果的だ。

 古いラジエターは樹脂製タンクと金属製コアの継ぎ目からクーラントが漏れてしまったり、サーモスタットの弁が閉じて固着しクーラントがラジエターに流れなくなってしまうことも。さらに、ラジエターキャップのスプリングやパッキンが劣化し密閉力が落ちるなど、冷却系には重大なトラブルを引き起こす要素がそこかしこに潜んでいると心得よう。

* * *

 手間もお金もかかるネオクラシックカーだが、今のクルマにはない魅力があることも確か。チューニングにはやる気持ちを抑えつつ、長く乗るためにもまずは各部の状態を把握し、必要に応じたリフレッシュを優先してあげるべし。

TEXT:佐藤 圭
提供:AUTO MESSE WEB

【関連リンク】
【画像】ネオクラスポーツカーを中古購入後、まず最初に交換しておきたいウイークポイントを見る(7枚)
【オーナーに朗報!】日産R33/R34「スカイラインGT-R」の弱点対策!「ガレージヨシダ」こだわりのボディパネルがGT-Rを救う!
いま日産「スカイラインGT-R」を購入するならレストア済みで! こだわり抜いた「R34」コンプリートカーとは
プロ直伝「GT-R」に長く乗るためのメンテポイントとは? 第2世代日産「スカイラインGT-R」はどれもシビアな状況だった!!
いつやるの? 第2世代日産「スカイラインGT-R」のリフレッシュは「今」やるのが正解です
バブル時代のクルマに乗れなくなる!? 電子デバイスに仕込まれた「時限爆弾」とは
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」