猫が王様気分になっている時の仕草や行動4つ

猫を見ていると「何だか偉そうだなぁ」なんて感じる時がありますよね。実際、王様気分でいるのでしょう。猫は、王様気分になっている時は、どのような仕草や行動を見せるのでしょうか?

1.名前を呼んでも無視する

名前を呼ぶと返事をしてくれたり、そばへ寄ってきてくれたり。そんな時の猫は本当に愛おしくなってしまいますね。でも、名前を呼ばれても知らんふりしていること、ありませんか?明らかに聞こえているのに、です。

わざと無視しているようなそんな時、猫は王様気分なのに違いありません。それでも、振り向きはしないものの、しっぽで返事をしてくれることもあります。

猫が王様気分でいる時は、それでよしとしましょう。あまりしつこく呼び続けていると「うるさいニャー」なんて思われてしまうかも。

 

2.高い所から飼い主を見下ろす

(猫がいないなぁ…)などと探していて、ふと上を見たら冷蔵庫やタンスの上などの高い場所から見下ろされていた…。表情も心なしか偉そうです。

猫が高い場所に登るのは「本能的にそこが安心できるから」というのもありますが、「高い場所にいる方が優位だから」という理由もあるそうです。きっと王様気分で飼い主を見下ろしているのでしょう。

 

3.帰宅時のにおいつけが激しい

猫は飼い主に対してスリスリと頭や顔をこすりつけてくることがありますね。これは家具などにスリスリするのと一緒で、においをつけてテリトリーを主張している行動です。

人間ににおいをつけるのは、「この人は自分のものだ」と言っているようなものでしょう。そのため、外出から戻った時には、スリスリが激しくなることがあります。

外出から帰宅すると、飼い主の体には知らないにおいがたくさんついているからです。猫は、それが許せないのです。激しくスリスリして、自分のにおいを上書きしようとします。

飼い主から他の猫のにおいがしようものなら、大変なことになりそうです。

 

4.飼い主の邪魔をする

飼い主が何かしていると、猫が邪魔しにくることがありますね。広げた雑誌や新聞の上に乗ってきたり、パソコンのキーボードの上に乗ってくることも。かわいいけど、ちょっと困ってしまう行動です。

こんな時、猫は自己主張をしているのです。飼い主が、自分以外のことに集中しているのが気に入らず「こっちを見て!」とばかりに邪魔をしてきます。そんな風にされたら、猫の方を見ないわけにはいきませんからね…。

呼んでもそっけないこともあれば、邪魔をするほどかまってちゃんになることもある猫。まさに、王様気分ですね。

 

まとめ

群れを作らず飼い主との主従関係もない猫は、自由気ままで、ともすれば偉そうです。どうも王様気分でいることが多いようですね。

そんな猫に振り回されて、人間はしもべになってしまうのですが、それもまた猫飼いの幸せなのかもしれません。
 

提供・ねこちゃんホンポ

【関連リンク】
猫を飼うのが大変である5つの理由
猫の呼吸が早い時に注意すべき4つのポイント
明日殺処分の子猫7匹を緊急レスキュー!
木の上で悲痛に鳴く猫を救助
【話題】大御所感が強いふんぞり返る猫

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」