強いストレス要因に…飼い主として絶対NGな行為

私たち飼い主が普段思わずやってしまっている行為や、良かれと思ってさせている行為が時に犬を苦しめていることもあります。強いストレス要因となってしまうため、以下のような行為は少しずつ改善していきましょう。

 

1.長々とお説教を続ける

愛犬が悪いことをした時、つい長々と「どうしてこんなことをしたの?後片付けが大変になっちゃうでしょう」などとお説教をしていませんか。

犬はコマンドを学習することはできますが、長々と人間のように言葉を理解することはできません。飼い主の表情や声のトーンなどから怒っていることはわかるものの、恐怖が大きすぎて、何に対して怒られているのかを余計に理解できなくなってしまうのです。

このような行為はしつけとしても効果がありませんし、愛犬に「飼い主さんが怖い」という恐怖を植え付けてしまう恐れがあります。強いストレス要因にもなるので、長々としたお説教はやめましょう。

 

2.無理に他の人や犬と交流させる

愛犬には社交的に、いろんな人や犬と触れ合ってほしいと多くの飼い主さんが思っているでしょう。実際、子犬期に社交性を学ぶことで、しつけの面でも上手くいきやすいなどの情報が広まっています。

ただし、犬によって個性は様々です。人や他の犬と関わることが好きな子もいれば、他の犬や人に対して警戒心を強く抱く子もいます。

こうした後者の犬に対して、無理に他の人や犬と交流させる行為は、良かれと思っての行動であっても、犬を苦しめることになります。無理のない範囲で、少しずつ交流を深めていくようにしましょう。

 

3.きつくギューッと抱きしめる

愛犬が愛おしいあまり、思わずギューッと強く抱きしめていませんか。犬は飼い主とのスキンシップを好みますが、圧迫されるような強い抱きしめ方は基本的に好みません。

「飼い主さんとスキンシップできて嬉しい!」という感情よりも「苦しい…早く離してほしい」という感情が優ってしまいます。犬の中には、そもそもスキンシップが好きではない犬もいるので、必ずしも常に飼い主と触れ合っていたいとも限りません。

強く抱きしめる行為は避け、愛犬の様子を見つつ、それぞれの犬にあったスキンシップをとるようにしましょう。

 

4.ルールが一貫していない

犬と人間が共存する上で、ルールは欠かせません。「無駄吠えはダメ」「ここを噛んではいけない」「おやつは何かを達成したご褒美として」など、様々なルールがご家庭によって決められていることと思います。

犬にとってルールを決められることは苦痛ではありません。むしろ、リーダーに従う習性を持つ犬にとって、安心感すら覚えます。

しかし、このルールが時によってコロコロと変わってしまう場合、犬は混乱しストレス要因となります。「昨日は怒られなかったのに、今日は怒られた」など、飼い主の気分によって対応を変える行為は絶対にやめてください。

ルールの一貫性のなさも犬を混乱させますが、言葉にも一貫性を持たせましょう。例えば「ダメ」と「ダメヨ」は私たちにとって同じ意味を持ちますが、犬にとっては別のものになってしまいます。同じ言葉を使うようにしましょう。

 

5.騙すような行為

意外と飼い主さんがやりがちな行為です。「騙すことなんてないよ」と思う人もいるかもしれませんが、つい可愛い反応が見たくて、手の中におやつを隠すふりをするなど、遊び半分で行っていませんか。

1度や2度であれば遊びの範疇で収まりますが、何度もしつこく騙されてしまうと「信頼に値しない人」として認識されてしまいます。純粋で素直な犬にとって苦痛ですし、不快感を感じる行為なので絶対にやめましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。私たちが普段何気なくしている行為の中には、犬にとって強いストレスとなる行為があります。犬の立場に立ち、自分がされて嫌なことはしない、犬の習性にあった対応を心がけるなど、今一度、接し方を見直してみましょう。
 

(獣医師監修:平松育子)

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬にトラウマを植え付けてしまう『2つのNG行為』
犬がマウンティングするのは放っておくべき?
高齢の飼い主入院。取り残された犬に起きた奇跡!
やるときはやる!男前っぷりを発揮するハスキーが話題!
柵越しにスゴイ「スマイル」を見せる豆柴犬が話題!