必見!体臭が少ないわんこの特徴と理由

体臭が少ない犬種には特徴があります。まずはその特徴と、理由を見ていきましょう。

 

1.小型犬

単純に体表面積の違いから言っても、大型犬より小型犬のほうが体臭が気にならないのは明らかです。大型犬の体臭が気になりやすいのには、そもそものサイズの問題の他にも、よだれの量が多い犬種が多かったり、シャンプーが頻繁にはできないといった事情があります。

 

2.シングルコートで被毛が短い

まずは被毛の特徴です。わんこには被毛がオーバーコートとアンダーコートの二重構造になっており寒さに強い『ダブルコート』と、被毛の長さが均一な『シングルコート』の2種類がいます。

このうちシングルコートのわんこのほうが、被毛の構造が単純なために汚れや蒸れをためこみにくく、臭いも少ないといわれています。また同じ理由から、被毛は長いよりも短いほうが、当然、体臭を発生させにくくなります。

 

3.被毛の色が薄い

被毛に関する特徴でもう一つ、被毛の色が薄いほうが体臭も薄いという説があります。理由は明らかにされていないのですが、同じ犬種でもさまざまなカラーが存在する犬種もいますから、選ぶときの参考にしてもいいかもしれません。

 

4.短吻種ではない

わんこを種類別に分けるとき、マズルすなわち鼻の長さを基準とする分け方もあります。

特にマズルが短い、パグやフレンチブルドッグなど、いわゆる「鼻ペチャ」のわんこのことを短吻種と呼びますが、この短吻種は体臭がきつくなりがちです。というのも、鼻ペチャゆえにマズルに寄ったしわの部分に汚れが溜まりやすいのです。

また短吻種のわんこは体温調節も苦手なため、ハッハッと息を荒げることも多く、よだれも多くなります。体臭を気にするのであれば、短吻種でない犬種を選ぶべきでしょう。

 

5.立ち耳

耳が垂れている場合、耳の中が蒸れやすいため匂いの原因になることがあります。

また食事中に耳がごはんの中に入って汚れてしまうのも垂れ耳わんこの「あるある」で、これもしっかり拭き取ってあげないと悪臭の元になります。

立ち耳のわんこであれば、耳の中の風通しも良く、食事のじゃまになる心配も少ないため、体臭の原因となる可能性は少なくなります。

 

油断大敵!体臭が少ない犬種とその注意点

以上のことを踏まえて、体臭が少ない犬種を具体的に見ていきましょう。また飼育上の注意点も合わせてご紹介します。

 

1.チワワ

チワワは超小型犬で立ち耳、さらにシングルコートの子もおり、体臭があまり気にならない犬種の代表格です。

スムースコートとロングコートの2種類がありますが、より体臭を抑えたいのであれば毛足の短いスムースコートを選ぶべきでしょう。ただし大きな瞳で涙やけを起こしやすい犬種なので、顔周りのケアはしっかり行いましょう。

 

2.トイ・プードル

日本で圧倒的な人気を誇るトイ・プードルも、嬉しいことに体臭が気になりにくい犬種です。シングルコートで体臭や抜け毛が少ないだけでなく、賢いのも飼いやすさの秘訣です。

ただしシングルコートの犬種に共通することですが、シングルコートの被毛は伸び続けるため、定期的にカットしてあげることが必要です。

アレルギーなどの皮膚のトラブルが起こるケースがありますので、注意が必要です。

 

3.イタリアン・グレーハウンド

「イタグレ」の愛称で知られるイタリアン・グレーハウンドは、見るからに被毛が薄く、しゅっとしていて、体臭をためこみにくい犬種です。ただし見た目通りで寒さには弱いため、日本の冬では洋服を着せてあげるなどの防寒対策は必須です。

 

4.ミニチュア・ピンシャー

通称「ミニピン」と呼ばれるミニチュア・ピンシャーも、イタグレ同様の特徴で体臭が気になりにくい犬種です。被毛が薄いのは体臭の面ではメリットですが、皮膚のトラブルを抱えやすいというリスクもあるので注意は必要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介したのはあくまで「傾向」であり、実際のわんこの体臭には個体差もありますし、年齢や体調に左右される部分も大きいものです。

いずれにせよ、わんこは生きている動物ですから、無臭なんてことはありえません。臭いについてはある程度の覚悟を持って飼いはじめるべきです。むしろ、愛犬がかわいくなればなるほど、体臭も愛おしくなるものですよ。
 

(獣医師監修:平松育子)

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
家に帰ったら犬に構ってはいけない?!
犬が何もない場所を見上げている時の心理3選!
大型犬の子犬工場を摘発!
柴犬さんを家にしまおうと試みた結果…
「メロン仮面」に変身!おとぼけ黒ラブラドール戦隊