愛犬が『本気でキレている時』に見せる行動3つ

普段は温厚で従順な様子を見せる犬たちも、嫌なことをされれば本気で怒ることがあります。ここでは、愛犬が本気でキレている時に見せる行動を3つご紹介します。以下のような行動を見せている時は注意しましょう。

 

1.歯を剥き出しにして唸る

歯を剥き出した状態で「ヴ〜」と低い声で唸っている時は、犬が本気でキレていることが多いです。本当にイライラしており、「それ以上やったら攻撃するぞ」という気持ちが込められています。

基本的に歯を剥き出している時はイライラしていることが多いので、唸り声を出していない時でも対応には注意が必要です。

例えば、歯を剥き出しながら頭を低くし、こちら(あるいは相手)をジッと見つめている時は本気で相手に怒りを覚えている状態です。警戒しつつ、相手の行動を窺っているのでしょう。

 

2.鼻に皺を寄せながら威嚇する

「ヴ〜」と唸り声をあげているからと言って、必ずしも威嚇や警戒しているわけではありません。時には楽しくて唸り声のような声が出てしまっていることもあります。

しかし、鼻に皺を寄せるような表情を見せながら唸り声を出している時は、本気でキレている可能性が高いため、むやみに近づいたり触ろうとしたりすることは控えましょう。

犬はイライラしている時に、人間と同様、鼻に皺を寄せ不機嫌そうな表情を見せます。行動だけでなく、表情や仕草と合わせて状況を見極めることも大切です。

 

3.噛み付くような仕草を見せる

吠えながらも噛み付くような仕草を見せることはありませんか。鼻の頭に皺を寄せながら、相手に噛み付くような仕草を見せている時は、「本気で怒っているんだぞ」「本当に攻撃するぞ」と脅している状態です。

本当に噛み付く犬は少ないですが、犬は動物です。本気でキレているため、いつ冷静さが失われて攻撃してしまうかわかりません。

このような状態の犬は、まず冷静さを取り戻し気持ちを落ち着けることが最優先となります。イライラしている相手から距離をとり、落ち着くまでそっと静かに見守ってあげましょう。

 

愛犬が本気でキレている時に絶対してはいけないNG行為は?

愛犬が本気でキレている時は、以下のような行動に気をつけましょう。

  • 大きな声で叱る
  • 不用意に触れる
  • 慌てて逃げようとする
  • 犬の目をじっと見つめる

唸ったり吠えたりしたらかといって、大きな声で叱る行為はNGです。余計にイライラを煽ってしまい興奮状態に陥ってしまう恐れがあります。

また、冷静さを失っている状態で不用意に触れることも控えましょう。触れられた驚きで、つい噛みついてしまうことがあるからです。

他にも犬の目をジッと見つめる行為は敵意があると認識されたり、慌てて逃げようとすると本能的に追いかけてしまったりするため、こうした行為は絶対にしてはいけません。

 

どのように対応するべき?

愛犬が本気でキレている様子を見せている時は、「ダメ!」と大声で怒鳴ったり、口を塞いだりといった無理強いは禁物です。余計に興奮状態を煽ってしまう恐れがあり、状況が悪化する恐れがあります。

まずは愛犬が慣れ親しんでいるコマンドを落ち着いて指示してみましょう。「おすわり」「伏せ」など、普段からよく行っているコマンド指示を聞くことで、一旦冷静になる犬は多くいます。

また、優しく声をかけてあげることで気持ちが落ち着いたり、飼い主に悪気や敵意がないことを認識させたりすることも効果的です。

少し気持ちが落ち着いてきた様子を見せたら、愛犬の様子を見ながらゆっくりと体の側面を撫でてあげたり、「落ち着いてえらいね」と褒めてあげたりしましょう。

他の犬や知らない人に対してキレている様子を見せている場合は、一度その場から離れて気持ちを落ち着かせる方法も効果的です。

 

まとめ

いかがでしたか。愛犬が本気でキレている時は、普段から従い慣れているコマンドを出して冷静さを取り戻したり、場所を移動して落ち着きを取り戻してあげましょう。また、嫌がるような行動は絶対に控えてください。
 

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
家に帰ったら犬に構ってはいけない?!
犬が何もない場所を見上げている時の心理3選!
大型犬の子犬工場を摘発!
柴犬さんを家にしまおうと試みた結果…
「メロン仮面」に変身!おとぼけ黒ラブラドール戦隊