防滴や防汚だけじゃない最新シートカバーカスタム

 インテリアのなかでも比較的大きな面積を占めているのがシート。そのためシートのイメージが変われば、クルマの雰囲気はガラリと激変する。そこで内装ドレスアップの重要アイテムとして、多くのユーザーにもてはやされているのがシートカバーだ。特徴は手軽に取り付けることができデザイン性も豊かであること。多くのユーザーが利用できる要素が揃っている、ドレスアップ&実用アイテムに注目していこう。

 

シート張り替えレベルのインテリアメイクが実現できる

 そんなシートカバー事情は近年大きく変わってきている。かつてシートカバーは純正シートの保護やキズなどを隠す程度の簡易的なモデルが多かったのだが、近年はそのクオリティが格段に進化している。そのクオリティはシートの張り替えにも匹敵する品質で、インテリアのイメージチェンジを考えているユーザーなら導入を検討してみると良いだろう。

 近年のシートカバーの進化はとにかく著しく、そのひとつがフィット感だ。取り付ける際にはかなり窮屈でちょっとしたコツがいるものの、装着してしまうと“カバーを被せた”感じはほとんどなく、ピタリとシートにフィットするので美しいフォルムが楽しめる。これは車種に合わせた3D形状による専用設計のなせるワザで、なかでもスエードやラムースなどを使ったアイテムは、まさに張り替えレベルの見映えとクオリティを実現している。

 

バンライフカスタムの台頭でさらにバリエーションが豊かに

 そして、近年のシートカバーのもうひとつの進化ポイントはそのバリエーションの豊かさだ。従来、シートカバーの定番素材と言えばビニールレザーなどが用いられることが多かった。ペナペナの表皮が、見るからにビニールレザーというチープさがあったのは事実。しかし近年はPVCレザーと呼ばれる合成皮革素材を用いるケースが多い。こちらはレザー表面の質感などが格段にハイレベルで、パッと見は本革かと思わせるようなリアルなシボが付いていたり、しっとりした高級な質感を出しているものも多い。

 そんな基本的なシートカバー素材に加えて、さらに最近はバリエーションがどんどん拡大中。例えばアウトドアレジャーの高まりに合わせて、インテリアのドレスアップ志向もアウトドアやキャンプなどを意識したものが好まれる傾向にある。そのひとつがデニム素材のシートカバーだろう。インディゴブルーでまさにジーンズの雰囲気を見事に再現したシートカバーを導入すれば、インテリアは一気にカジュアルな雰囲気にイメチェンできる。センターコンソールやベッドキットなどに同素材を使ったパーツを組み合わせれば、内装カスタムの統一感を高めることだって可能だ。
 
デニム×レザーのシートカバー

  さらにビンテージレザー調の表皮を使ったシートカバーにも注目が集まる。こちらも内装をウッド調などでカスタムした際にピタリとフィットするデザインだ。さらに先ほど紹介したPVCレザーを使ったシートも、切り返しで複数のカラーを組み合わせたり、シートバック部分に別素材を使うなど、コンビネーションを駆使したデザインのシートカバーも数多く登場している。

 さらに実用性の面でも工夫が込められている。座面部分は滑りにくいファブリックを用いて、擦れによる傷みが心配されるサイド部分には強靱なレザーを用いるなど、実用面までを考慮した設計を採用しているアイテムもある。またシートバックにパンチングレーザーを用いて、通気性をアップさせるのも快適性を高める工夫のひとつだ。これらの使い勝手や快適性をキーワードにしたモデルに着目しても良いだろう。

 

長時間の愛用でシートの型崩れなどに注意が必要!

 このようにドレスアップ面、実用面でのメリットも多いシートカバーだが、シートそのものの表皮ではなくあくまでも“カバー”なので長時間使っているとズレやシワ、若干の型崩れが起きる場合もある。あくまでもカバーなので完璧ではないことを知ったうえで、好みのデザインで愛車をグレードアップすることを考えておけば、内装カスタムの必須アイテムとして役立つことは間違いないだろう。
 
迷彩柄のハイエースのセカンドシート

 素材やカラーリング、コンビネーションのバリエーションがどんどん増えているシートカバー。内外装カスタムのテイストや実用面での使い勝手に合わせて好きなモデルを選んで、手軽な内装カスタムを楽しんでみてはいかがだろうか!


TEXT:土田康弘
提供:Auto Messe Web


【関連リンク】
「アクリル水槽」「ミニモニ」「無限ホール」! 一時はバカウケも令和の世に消えた「車内カスタム」7選
「つり革・チンチラ・水中花」! 一般人には意味不明でも「旧車乗り」には大切な「盛り上げ」アイテム7つ
「本革巻き」の本格派も存在! ナンチャッテじゃない今時の「ハンドルカバー」事情
クルマのシートをデニム化!?  さらにダメージ加工まで可能な新感覚シートカバー【大阪オートメッセ2020】
シートカバーの遍歴、懐かしのレース生地やビーズクッションが流行した理由とは