オープンカーこそ真のデートカーだった

 今では遥か昔の昭和のデートカーと言えば、初代トヨタ・ソアラ(1981~)、2代目ホンダ・プレリュード(1982~)などが定番だった。両車のデビュー年となる1980年代には、ソアラやプレリュードほど目立たなかったものの、隠れデートカーとして密かに人気を得ていた「通」のデートカー、それもオープンモデルがいっぱいあった。

 

ホンダ・シティ カブリオレ

 国産車の筆頭と言えば、1984年に登場したホンダのシティカブリオレである。カラフルなボディカラーで手ごろな価格のオープンモデルとして、デートカーに最適な1台だった。だが幌を畳むのには手間が必要で、筆者の知り合いは納車当日、幌の畳み方を間違えてリヤウインドウを割ってしまった! という悲しいケースもあった(筆者は現場に居合わせた)。とはいえ、気分をあげる、カジュアルなデートにぴったりだったのである。
 

 

トヨタ・セリカ コンバーチブル

 1987年には、1985年にFF化された「流面形」セリカのコンバーチブルが登場だ。しかも、輸出仕様の2ドアクーペをベースに仕立てられ、アメリカから逆輸入されていたのだから、贅沢。当時のセリカの人気は絶大で、そのオープンモデルだけに、デートスポットでは羨望の眼差しを浴びていたほどだった。
 

 

日産シルビア コンバーチブル

 そうした国産オープンモデルの密かなる人気に拍車をかけたのが、1988年、当時のデートカーの定番たる日産シルビアに加わった、オーテックジャパン謹製のシルビアコンバーチブル。人気のK’sグレードをベースに、オープンカーの製造を得意とする高田工業が架装を担当していた。流麗なボディのオープンカーだから、スタイリッシュ極まるスタイリングにため息が漏れたほどである。翌年のグッドデザイン賞に選ばれたと記憶する。
 

 

三菱エクリプス・スパイダー

 日米合作と言える青い目の国産コンバーチブルが、1994年に華々しくデビューした三菱のスペシャルティカー、エクリプスに追加された4座のエクリプス・スパイダー。幌は電動で、約10秒で開閉する。ボディカラーはレッドとブラックの2色しかなく、限定750台ではあったものの、国産車で左ハンドル(!!)という希少価値(と安心感)が当時の若者、デートの達人にウケまくったのである。
 

 

VWゴルフ カブリオ(初代)

 最後に紹介するのは、輸入車。初代VWゴルフからあった、1980年に登場したゴルフカブリオレである。1980年代のオシャレな男女にとって最高のアクセサリー!? ともなったゴルフのオープンモデル。ゴルフとしては高価だったから、お嬢さん、お坊ちゃま御用達デートカーでもあったのだ。
 

 当時、筆者は青山の大学に通う、なんと表参道在住の女子と知り合いで、その子の愛車がホワイトのゴルフカブリオレだった。筆者の愛車はマンハッタンカラーのフェアレディZ 280ZX Tバールーフ(一応、セミオープンモデル)だったのだが、彼女といっしょにゴルフカブリオレで青山、表参道、六本木を流すのが最高の楽しみ、青春だったことを今でも忘れない。
 

 そしてそのゴルフカブリオレは、あのカルマンが幌の制作を担当した初代ゴルフベースではあるものの、ゴルフIIIカブリオが出てくるまで、クラシックゴルフとして販売されていたロングセラーモデルでもある。1992年に最終限定車として発売されたクラシックラインは同モデル初のメタリックカラーのボディのみで、本革シートなどが奢られるなど、初代ゴルフの最後を飾るのに相応しすぎるレアなモデルであった。今でも中古車の流通量は少なくない……。

Text:青山尚暉
提供:Auto Messe Web

【関連記事】
80~90年代のモテ男が乗っていたデートカー5選
一世を風靡した「女子大生ホイホイ」! 昭和最強のデートカー「ソアラ」は何が凄かったのか
「アッシーくん」御用達の「六本木カローラ」! 狂乱のバブル時代、クルマは「ナンパの最終兵器」だった
超高額車なのに女子にウケないだと!? まさかのテンション「だだ下がり」デートカー5選
「あま〜いキャッチコピー」が並ぶカタログは完全にデートカーのノリ! 実際はバリバリのスポーツカーだった初代MR2とは