ボンネットはフロントウインドウ側から開く逆アリゲーター式

本校執筆時点では、第79回ゴールデングローブ賞を受賞し、2022年3月28日に授賞式が行われる、第94回アカデミー賞において、4部門でノミネートされている日本映画「ドライブ・マイ・カー」が話題となっている。この映画の劇中で登場するのが、赤いサーブ900。もともと、スウェーデンの航空・軍需メーカーであるサーブの自動車部部門として“サーブ・オートモービル”が設立された。その後1990年に当時“サーブ・スカニア社”だった自動車部門がGM(ゼネラルモーターズ)傘下となった。2009年には、中国の北京汽車がサーブ・オートモービルから、ラインアップ車種の“9-3”や“9-5”といった3車種のプラットフォームなど一部を買収。その後北京汽車はこのプラットフォームをベースにオリジナルモデルを開発している。

劇中に登場してくる900は、GM傘下前の、いってみれば“オリジナル900”といっていいモデルで、1978年から1993年の間生産された。日本の“5ナンバーサイズ”に収まるそのエクステリアは見た目もユニークであるが、それだけではない。ボンネットはフロントウインドウ側から開く“逆アリゲーター”式などとも呼ばれ、いまではそれだけでも珍しいのだが、ただ“逆に開く”だけではなく、開く前に前方へずらす必要があった。しかもフロントサイドフェンダーの上3分の1ぐらいまでから、“ガバッと”一緒に開いてしまうものとなっていた。左右にかなりラウンドしたフロントウインドウも特徴的であった。



インテリアではイグニッションキーの鍵穴がセンターコンソールのパーキングブレーキをおろしたあたりの位置にあるのも、900の個性的な部分として当時よく紹介されていた。

今回は映画のベースとなった原作どおりサーブ900(ボディカラーなど細かいところは異なる)を使用しており、主人公がこだわりで所有を続けてきたという設定となっている。時にストーリー上必要だとか、クルマをメインに扱うものであったりして、さらに映画の演出上(あるいは原作)のこだわりなどで厳格なクルマ選びが行われることがある。

 

日産フィガロが登場する海外ドラマも

スティーブン・スピルバーグ氏の初監督作品とされる、「激突(1971年)」は、主だった登場人物は一人だけで、追い抜きをされた乗用車を執拗に大型トレーラーが追い回すのみというサスペンス映画である。

主役ともいえる大型トレーラーは、“ピータービルト281”という車種。多くのトレーラーのなかでも、とくに“怖い顔つき”ということで選ばれたと聞いたことがある。追いかけられる赤いセダンは、クライスラー(現ステランティスグループ)ブランドのひとつ、プリマスのヴァリアントというモデルであり、当時では日本でいうところの“カローラ”的存在。トレーラーはあえて、より怖い顔のモデルを採用し、乗用車ではドライバーが一般市民であることを強調したかったのか、当時ではありきたりの車種が選ばれているところは実に興味深いところである。



ちなみに、ピータービルト281は、「激突」ファンのなかで個人所有している人も複数いるようで、無料動画投稿サイトなどで検索すると、アメリカで個人所有している人がドライブしている動画などを見ることができる。

ある海外ドラマでは(左ハンドル、右側通行の国)、富裕層家庭の夫人が日本から中古車で輸入した日産フィガロに乗っているという設定があった(数年前海外でフィガロが大人気だった)。「ずいぶん珍しい設定だなあ」と思ってみていたら、夜間に赤外線カメラでこの夫人の邸宅をスキャンしている時に、「このクルマは右ハンドルだから夫人は在宅している」ということになっていた。



筆者は世代的にも“テレビっ子”であり、いまもテレビドラマはよく見る。以前2時間ドラマでいくつかあった、“タクシードライバー”を主人公とした推理ドラマが好きでいまも再放送をよく見るのだが、どこまで細かくタクシー業界の日常業務を取材し、再現しているのかをチェックするのがとくに大好きである。その意味では映画化もされた“ねこタクシー”は、筆者はネコが大好きでありよく見ていたのだが、劇中のタクシー会社の様子が意外なほどリアルに描かれていたのが印象的であった。

クルマオタクの筆者としては、登場するクルマやクルマに関する業界の見せ方にどこまでこだわりを見せているかで、作品へのスタッフの作りこみへのこだわりの度合いを確認させてもらっている。時には戦前(太平洋戦争)の日本の設定なのに、戦後の乗用車やボンネットバスが出てきて興ざめすることもある。その時は「予算がなかったのかなあ」とか、「用意する時間がなかったのかなあ」などと考えている。


Text:小林敦志

提供:WEB CARTOP

【関連記事】

映画がなければマイナーだった!? スクリーンに登場して有名になったクルマ5選

マンガ・ドラマ・映画で一躍スターにのし上がったクルマ3台! 気になるいまの中古相場を探ってみた

映画「ドライブ・マイ・カー」で突如スポットを浴びる「サーブ」! じつはもう消滅した自動車メーカーだった

海外の有名映画で「重要な役割を果たした」国産6メーカーのクルマたち!