お出かけ前の10分でクルマをきれいに見せる洗車テクニック

 1年中でもっとも気持ちいいドライブが楽しめる春。クルマで出かける機会も増えるというものだが、しかーし、突然のデートの誘い、雨の日の翌日早朝の出発で、クルマが汚れていても「洗車している時間がない!」「でもある程度きれいにしておかないとカッコ悪い」なんていう緊急事態もあるはず。そこで、多少汚れているクルマを、お出かけ前のたった10分できれいに見せる速攻クリーニングテクニックを紹介しよう。
 


 具体的な方法を紹介する前に、古くなったクルマが洗車をしたあとでも古ぼけて見える理由として、ボディの塗装の退色はさておき、ウインドウガラスの汚れや黒いパーツの白亜化が、見た目の古ぼけ感の原因になっているという事実を覚えておきたい。
 


 ちなみに黒いパーツとは、タイヤはもちろん、SUVなどの車種に装着されている樹脂プロテクター、ゴムモール類などのこと。ウインドウガラスが汚れ、艶がなく、そして黒いはずのパーツが黒々としていないと、クルマはビシッと見えない……ということだ。


 その理屈からすると、汚れているクルマでも、ウインドウガラスとボディの黒い部分をきれいにしてやるだけで、じつはクルマがパッと見できれいに見えるものなのである。つまり、速攻でクルマをきれいに見せたいのなら、そこだけササッと処理すればいい。
 


 では、用意するものから説明しよう。あくまで、時間のないときの応急ケアだから、ここは最小限であるべきだ。

①ウインドウクリーナー(とクロス)、またはウェットタイプのガラスクリーニングシート。
 


②タイヤワックス。
 


③タイヤブラシ(ブラシの部分がタイヤの厚みぐらいのコンパクトなものが使いやすく、タイヤワックスをホイールに付着させにくい)。
 


④タオル……ぐらい。クルマのトランクに入れておいても場所をとらない品数だと思う。
 


 かんじんの所要時間は、ウインドウガラス全面と4本のタイヤ、そしてせっかくなので汚れているアウタードアオープナーもきれいにするとして、慣れれば約10分だ。

 内訳はウインドウガラスで5分、4本のタイヤで4分、アウタードアオープナー(2ドアなら2カ所、4ドアなら4か所)で1分。コツをつかめばさらに作業時間を短縮できるはずだ。アウタードアオープナーのクリーニングを追加したのは、ウインドウガラスや黒いパーツとは関係ないものの、とくにデートの場合、相手がドアを開けようとして「手が汚れた!」では、出発早々、気分が悪くなる可能性があるからだ(もちろん、自身の手も汚れてしまう)。
 


 ウインドウガラスはウインドウクリーナー、またはウェットタイプのウインドウクリーニングシートできれいにするのだが、より手軽にスピーディに行えるのは、もちろんウェットタイプのガラスクリーニングシートのほう。ただし、最低3枚は使い、手順はフロントウインドウで1枚→ワイパー付きのリヤウインドウで1枚→比較的汚れが少ないはずのサイドウインドウで1~2枚。

 ここでケチって、1枚ですべてのウインドウを拭こうとすると、拭いているうちにシートがどんどん汚れ、後半、かえって拭いているウインドウに汚れが付着し、ムラムラの仕上がりになってしまう可能性があるから、要注意。

 

10分洗車テクニックはクルマを撮影するときにも使える

 そして、ウインドウ速攻クリーニング最大のポイントは、フロントウインドウを極力きれいにしておくこと。安全視界の確保と、常に助手席の人の視界にも入るところだからだ。また、フロントウインドウをとくにきれいにしておくことで、ドライブ途中、突然の雨に降られてもワイパーが汚れを引きずらず、ギラギラ視界を低減できる効果もある。
 

 また、ワイパーブレードとそのガラスとの接触部分(両方)もあわせてきれいにしておこう。その部分が汚れていたり、砂などが付いていたりすると、ワイパー使用時、ギラギラ視界の原因になるだけでなく、ガラスをキズつける可能性もあるからだ。
 

 次に、用意してある濡れタオル、またはウエットタイプのガラスクリーニングシートを使ってアウタードアオープナーを拭き上げる。
 

 そして、最後に4本のタイヤを、タイヤワックスとブラシでブラッシング磨きする。汚れて白くなったようなタイヤを、ただ濡れタオルなどで拭き上げただけでは汚れはほとんど落ちないし、タイヤワックスをスプレーしただけでも細部に入り込んだ汚れまでは落ちず、黒々とはなりにくい。ブラシを使うことで初めて、凸凹も多いタイヤの細部に入り込んだ汚れをかき落とせ、同時に隅々まで黒々とした艶が得られるのである。

 ここだけは手間がかかるものの、黒いパーツが黒々としているだけで、クルマ全体がビシッと引き締まって見えることから、手は抜けないポイントとなる。なぜタイヤが一番後かというと、洗車の基本としては、車体でもっとも汚れのひどい部位となるタイヤ&ホイールから始めるのだが、お出かけ前の速攻クリーニングでは、ウインドウガラスやアウタードアオープナーを、タイヤのクリーニングで汚れてしまいがちな手で触りたくないからである(その手でウインドウを触れば油膜の原因になる!)。
 

 とはいえ、「タイヤワックスとブラシまで用意するのは面倒」というのなら、タイヤワックスボトルにタイヤワックス塗り込み用スポンジが付いているタイプのアイテムを使うといい。とにかくスピーディに4本のタイヤに黒々とした艶を出すことができるし、手も汚れない。
 

 ちなみに1980年代から1990年代の一大洗車ブームの仕掛け人の一翼を担い、洗車本を何冊も書き下ろし、洗車ビデオを作り(CARトップなど)、過去にTVやラジオに洗車をレクチャーするために出演し、インターFMではカーメンテナンスの番組を持っていた"洗車大好き"な筆者のウインドウクリーニングアイテムは、ホコリがうっすら乗っているような状態ならウエットタイプのウインドウクリーニングシートを使うものの(急いでいる場合)、汚れがひどく視界に大きく影響するようなら、シリコン成分の入っていない自動車用のウインドウクリーナーを使う。

 もう何年も使っているのは、呉工業ストナーシリーズの「インビジブルガラス」というもの。界面活性剤や着色料を含まないので拭きスジが残りにくく、結果、スピーディに作業できるところがお気に入りで、もう手放せなくなっている。
 

 なお、このテクニックは、ドライブ先でも使える。たとえば、ドライブ途中に雨に降られ、目的地に着いたときにクルマが汚れてしまっている状況下で、それでもクルマとともに写真撮影をしたい……なんていう場面にも速攻で有効だ。
 

 というわけで、クルマが汚れていても、わずか10分でクルマをそれなりにきれいに見せる、お出かけ前の速攻・時短簡単ボディクリーニングのテクニックを使えば、同乗者に失礼にならず、気持ち良くドライブできるだけでなく、クリーンな視界による安全運転にもつながるのだから、ぜひ、参考にしていただきたい。

Text:青山尚暉

提供:WEB CARTOP

【関連記事】
マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ
洗車のつもりがただのヤスリがけ! ザラザラになったクルマの本当の洗車方法とは
【今さら聞けない】錆びたブレーキローターで走ってもいいのか
クルマ好きの宿敵「洗車キズ」! 可能な限り防御する本当に正しい洗車方法とは
今どきの洗車機は愛車に傷が付かないってホント?