アウトドアで使える10年落ちのオススメ中古ミニバン選び

 アウトドアに出かけると「車内は汚れ放題、ボディにも気づかぬうちに小傷が付いていた」なんてことがある。神経質な人が大枚はたいて新車のミニバンやSUVを買って、即、アウトドアへ……というのは、けっこう勇気がいるものだ。そこで中古車、それも50万円以下で買える、車中泊もしやすいミニバンを紹介したい。

 その価格、出費なら、多少の汚れ、キズ(そもそも最初から付いているかも知れない)が付いても気にならないだろうし、乗りつぶし前提で、車中泊仕様に改造するといった、いろいろいじる楽しさもあるってものだ。とはいえ、古すぎるのも……。アウトドアを楽しんでいるうちに何かあっても困るわけで、約10年落ちの2012年前後以降でオススメのミニバンに絞ってみた。

 

低床ミニバンらしいスポーティな走りも味わえる
「4代目ホンダステップワゴン/RK型/発売期間2009年〜2015年」

 まずは、定番人気のMクラスボックス型ミニバンだ。なかでも日本の多人数乗車、ミニバンのパイオニアと言えるホンダ・ステップワゴンなら、2011~2013年式の4代目のRK型がリストアップできる。5代目ステップワゴンとエクステリアデザインは大きく違わず、今見ても古さはさほど感じにくく、走りもホンダらしい爽快感がある。フルフラットアレンジによる室内のお座敷化やベッド化も、もちろん可能。スパーダこそ選びにくいものの、使い倒すミニバンとしては万能で文句なしと言える。
 
RKステップワゴンのフロントスタイル

 

S-HYBRIDを選べば燃料代も節約できる
「4代目日産セレナ/C26型/発売期間2010年〜2016年」

 同じMクラスボックス型ミニバンの日産セレナも、50万円以下で4代目の2012年式がギリギリの射程範囲。ステップワゴンに比べてフロア位置はやや高いものの、2012年に加わったS-HYBRIDモデルを探せれば、室内の広さはそのままに燃費のいい走行が可能だ。もちろん、車内のフラットシートアレンジが可能で車中泊にも対応する。エアロ仕様のハイウェイスターも、この世代なら50万円前後の予算で探せるかもしれない。
 
C26型セレナのフロントスタイル

 

ヒンジドアに賛否あるがアイサイトが選べる
「スバル・エクシーガ/YA型/発売期間2008年〜2015年」

 アウトドアカーと言っても低重心の走りの良さを優先したい……というなら、初代スバル・エクシーガがある。非スライドドアだから、後席の乗降性に関しては、両側スライドドアを備えたステップワゴンやセレナに敵わないものの、水平対向エンジン(=ボクサーエンジン)とリヤのダブルウィッシュボーンサスペンション、16~17インチタイヤ、1660mmの低全高を生かした走りの質はなかなかのもの。

 年式的にはステップワゴンやセレナより新しめの2013年式でも50万円以下の個体がメインになる。2012年7月のマイナーチェンジででFF車が廃止され全車4WDとなった。ちなみに安全運転支援システムのアイサイトがver.2になったのもこのタイミングである。
 
スバル・エクシーガのフロントスタイル

 

アウトドアなら2列シートのスパイクも狙い目
「初代ホンダ・フリード/GB・GP型/発売期間2008年〜2016年」

 最後は初代ホンダ・フリードだ。50万円以下の予算だと、初代の後期型の2012年モデルがオススメだが、中古車人気も高いため、他車より新車価格に対する中古車価格は強気だが、5ナンバーサイズのS(スモール)クラスミニバンのコンパクトさを生かし、走りやすさや取り回しのしやすさは抜群。運転が不慣れな人にもオススメできる、アウトドアにも適したミニバンだ。

 2011年にはハイブリッドモデルが追加され、運が良ければハイブリッドモデルの中古車、2列シート仕様でラゲッジルームをガレージに見立てた、当時として最高のアウトドアカーと言えたフリード+の前身となるフリードスパイク(2010〜2016年発売)に出会えるかもしれない。カップルのアウトドアなら、これをイチ押しとしたい!!
 
初代フリードハイブリッドのフロントスタイル


TEXT:青山尚暉
提供:Auto Messe Web

【関連リンク】
予算100万円で買える! アウトドアで使い倒せる「国産&輸入中古SUV」5選
「安易なオフロード走行」は絶対ダメ! アウトドアブームの影に潜む「思わぬ危険」とは 
「ジムニー」「タフト」「ハスラー」! アウトドアで使い倒せる軽はどれだ
ヨンク性能より大事なのは「使い勝手」! アウトドアで使い倒せるミニバン7選
周囲に「わかってる」感がアピールできる! ちょっぴり優越感に浸れる「アウトドア向けカー」7選