1.ブドウやレーズン

猫にブドウやレーズンは絶対に与えてはいけない、と一般的によく言われています。また、猫ではありませんが、過去にブドウを食べた犬の腎臓に支障が出て死亡したという報告もあります。

猫に食べ物としてブドウやレーズンをわざわざ出すことは少ないでしょう。しかし、加工食品やお菓子に多く使われていますので、危険性がある以上食べさせたり舐めさせたりしないようにしなければいけません。

 

2.イチジク

人間もかぶれることのあるイチジクは、猫にとっては大変危険な果物です。イチジクに含まれる「フィカイン」「フラノクマリン」という成分が影響します。

フィカインは乳液状の樹液でタンパク質を分解する作用があるため人間では消化を助ける作用がありますが、猫には毒性が強すぎて口腔粘膜などを傷つける恐れがあります。

イチジクに触れた場所に日光が当たると炎症が起きます。これは、フラノクマリンという有機化合物による中毒症状です。

これらの症状を引き起こさせないために、猫がイチジクに触れたり口に含まないように注意が必要です。

 

3.パパイヤ

パパイヤに含まれる「パパイン」という酵素によって、猫はアレルギーを起こしやすいです。

口の中のただれやかぶれ、炎症がひどくなると呼吸困難に陥ったりします。下痢や嘔吐、皮膚の痒みなどの危険性もあります。絶対にパパイヤも食べさせてはいけません。

 

4.柑橘系

レモン、みかんなどの柑橘系の皮には注意が必要です。「リモネン」という皮に含まれる成分を体内に取り入れることによって、下痢や嘔吐、震えなどの症状が出てしまいます。

ジャムに使用したり、掃除に皮を使う場合もあるかもしれませんので、取り扱いには十分に注意が必要です。

 

まとめ

果物は猫が好んで食べることはしませんが、人間の生活には関わりが多いため、猫がうっかりと口に入れてしまう危険性があります。

それらの果物をもし買ってきた場合は、帰宅後猫が触れられない場所に速やかにしまうことをおすすめします。また、果汁のついているお皿はすぐに洗ったり、切った皮や種などの処理も慎重に行わなければなりません。

愛猫の健康のためにも、上記の果物を取り扱う際には十分すぎるくらいに注意したいですね。
 

(獣医師監修:加藤桂子)

提供・ねこちゃんホンポ

【関連リンク】
猫が落ち込んでしまう『飼い主のNG行動』5選
猫を触ろうとすると引っ掻いてくる心理5つ
爆竹を巻きつけ火をつけられていた子猫
いつの間にか鞄に入っていた野良親子猫
しっぽの先までお姫様感が半端ない猫さまが話題!