1.ミネラルウォーター

猫に与える水は、水道水よりミネラルウォーターの方が体に良いのでは、と考える方は多いのではないでしょうか。ミネラルウォーターは、猫が飲んでも基本的には問題ありません。ただ、毎日の飲み水をミネラルウォーターにして長期的に与えるのはおすすめできませんし、わざわざミネラルウォーターを与える必要もありません。ミネラルウォーターは、カルシウムウやマグネシウムなどのミネラル分が含まれているので、猫が飲むと尿路結石になる危険性があるからです。

また、同じミネラルウォーターでも特に硬水はミネラル分が多いので、絶対に与えないで下さい。ミネラルウォーターを与える場合は軟水にしましょう。

猫用のミネラルウォーターも市販されています。猫用の防災グッズとして用意しておくと、災害等で水道水を与えられないときに役に立ちますよ。

 

2.麦茶

カフェインゼロで体に優しい麦茶は、猫が飲んでも害はないと言われています。ほとんどの麦茶には、猫に起こりやすい尿結石の原因となるカルシウムやマグネシウムが含まれていますが、ごくわずかなので大量に飲ませなければ大丈夫です。

麦茶が好きで自分から飲む猫も多いとか。猫が好きな猫草も麦茶の原料と同じイネ科の植物なので、香りが気に入っているのかも知れませんね。 麦茶が好きだからといって、飲み水の代わりに与えるのはやめましょう。麦茶が好きな猫には、薄めて与えるなどし、ひとなめ程度にとどめて大量に摂取しないようにして下さいね。

ちなみに麦茶以外のお茶にはカフェインが含まれているものが多いので、絶対に飲ませないようご注意を。

 

3.牛乳

猫は牛乳が好き、というイメージが強いと思います。子猫を保護した際には牛乳を飲ませることもあるのではないでしょうか。実際に牛乳が好きという猫も多いようです。しかし、健康に害がないかというと、猫によっては悪影響が出てしまう子もいます。

猫によっては、乳製品でアレルギーを起こしたり、体内の乳糖を分解する酵素が少なくて下痢をしてしまうこともあるのです。初めて牛乳を与える際は、常温のものをごく少量、様子を見ながら与えて下さい。飲み水の代わりに与えるのはやめましょう。猫さん用のミルクも市販されていますので、そちらを与えるほうが安全です。

 

4.甘酒

甘酒には、酒粕から作られるものと、米麹から作られるものがあります。酒粕が原料のものにはアルコール分が含まれているので、猫には絶対に与えてはいけません。ただ、米麹が原料の甘酒で、砂糖を添加してないものなら飲ませることができます。

栄養価が高く、飲む点滴と呼ばれる甘酒は、猫にとっても栄養補給に効果的なのです。消化吸収も良いので、高齢で食欲の落ちた猫にもおすすめです。とはいえ、大量に与えるのはカロリーオーバー。スプーン1杯程度にしておきましょう。また、病気によっては甘酒を与えない方が良いこともあります。病気の猫に甘酒を与えたい場合は、獣医さんに相談して下さいね。

 

まとめ

今日のねこちゃんより:はなちゃん♀ / 2歳 / 雑種(ミックス) / 2.9kg

いつも水しか飲んでいない猫に、違うものを与えてみたい、あるいは猫が欲しがるから飲ませてあげたい、ということもありますよね。そんなときは、猫が飲んでも安全なものを選びましょう。とはいえ、もともと人間用で猫の体質に合わせてあるわけではありません。量には十分注意して与えて下さいね。また、どの飲み物も猫さんが飲まなくても生きていけるものですので、無理に与えるのもやめましょう。
 

(獣医師監修:加藤桂子)

提供・ねこちゃんホンポ

【関連リンク】
猫が落ち込んでしまう『飼い主のNG行動』5選
猫を触ろうとすると引っ掻いてくる心理5つ
爆竹を巻きつけ火をつけられていた子猫
いつの間にか鞄に入っていた野良親子猫
しっぽの先までお姫様感が半端ない猫さまが話題!