人のことが大好きな犬が見せる仕草や行動

犬は人に対して友好的な動物と言われていますが、もともと警戒心の強い動物でもあります。そのため、飼い主や家族に対しては愛情深くても、その他の人に対しては警戒心が強いという犬も多いです。

一方で、中には人のことが大好きすぎるあまり、飼い主以外の人にも積極的に甘えるほど人のことが大好きな犬もいます。今回は、そんな『人のことが大好きな犬』が見せる仕草や行動を紹介します。

 

1.甘えるようにスリスリと頭や体を擦り付ける

飼い主はもちろん、飼い主以外の人に対してもわかりやすく甘えるような仕草や行動を見せる犬は、人のことが大好きな犬と言えます。

甘えるようにスリスリと頭や体を擦り付ける行為は、相手に対して「大好き」「遊んで」「かまって」とアピールしているサインでもあります。

こうした行動は、通常飼い主以外の人に見せることは少ないですが、人のことが大好きな犬は、飼い主以外の人に対しても見せることがあるのです。

 

2.積極的に相手の匂いを嗅ぎに行く

気付かない人も多い些細な行動のように思えますが、知らない相手や飼い主以外の人に積極的に自分から近づき、クンクンと匂いを嗅ぐ行動は、犬が相手に対して興味を抱いていることを意味しています。

犬は相手の匂いを嗅ぐことで挨拶をする動物です。また、相手の匂いから「この人と仲良くなれるかな?」「どんな人かな?」と相手の情報を知ろうとしている最中でもあります。

このように、積極的に相手とコミュニケーションを取ろうとしている行動を見せているならば、飼い主に限らず人のことが大好きな犬なのでしょう。

 

3.左右に大きくしっぽを振って笑顔で見つめる

犬の知識として「しっぽを振っているときは喜んでいる」という話は有名です。しかし、必ずしもしっぽを振っているからと言って喜んでいるとは限りません。怒っている時、警戒している時もしっぽを動かすことがあるからです。

しっぽを左右に大きく揺らしながら、口角を上げ目尻を下げる「笑顔」のような表情で
近づいていく場合は、相手に対して好意的な気持ちで近づいているサインです。

こうした行動を見せる犬は、人に対して積極的に「遊ぼう」「仲良くしようね」と交流しようとしているため、人のことが大好きである可能性が高いでしょう。

 

4.名前を呼ばれるとすぐに反応する

飼い主に名前を呼ばれると、すぐに振り返り近寄って来るという犬は多いですよね。しかし、人のことが大好きな犬は、飼い主以外の人に名前を呼ばれてもすぐに反応することが多いです。

飼い主が名前を呼んだ時ほど大きな反応は見せなくても、名前を呼ばれるとスッと躊躇なくそちらを振り向いたり、「何?」と相手が何を伝えようとしているのか考えるように、じっと見つめ返したりすることがあります。

名前を呼ばれてすぐに反応するということは、相手が自分に伝えようとしていることを受け取ろうという気持ちがあるということです。人に対して友好的な証でもあります。

 

5.飼い主以外の人の近くでもリラックスできる

家に友人がやってきた時、飼い主以外の人がいる空間でリラックスできる犬は、意外と多くはありません。知らない人がいるだけで落ち着かずウロウロと歩き回ったり、中には警戒するようにその人から一切目を離さず睨んだりする犬もいます。

しかし人のことが大好きな犬は、他の犬に比べて警戒心もそれほど強くはありません。そのため、飼い主以外の人の近くでもリラックスした様子を見せることが多いです。

寛ぐように床に寝転がったり、わざわざ隣に行き休んだり…。こんな姿を見せられてしまうと、飼い主以外の人もメロメロになってしまいますね!

 

まとめ

いかがでしたか。どれか1つでも当てはまっているならば、愛犬は人に対して友好的な性格の子だと思われます。3つ以上当てはまっているならば、人のことが大好きな犬である可能性が高いでしょう。

犬は必ずしも人のことを好きにならなければいけない、ということはありません。しかし、人が多く生活している環境で人に対して警戒心を持ち続けながら生きていくのは、ストレスが溜まります。

なるべく無理のない程度に飼い主以外の人からも愛情を注いでもらえるような環境を作ってあげると良いでしょう。
 

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
家に帰ったら犬に構ってはいけない?!
犬が何もない場所を見上げている時の心理3選!
大型犬の子犬工場を摘発!
柴犬さんを家にしまおうと試みた結果…
「メロン仮面」に変身!おとぼけ黒ラブラドール戦隊