よく吠えると言われている小型犬

日本では、住宅環境の影響で飼いやすい小型犬が人気の傾向にあります。しかし、体は小さくても立派な犬!中には、遺伝的に吠え癖のある犬種も多く存在します。今回は日本国内でも見かけることが多く「よく吠える」と言われている小型犬をご紹介します。

 

1.チワワ

日本でも人気の高い超小型犬に分類されることもある小型犬です。世界でも最も小さい犬種に認定されるほど小さな体のチワワですが、明るい性格の一方で、警戒心が強く勇敢な一面を見せることの多い犬種でもあります。

警戒心の強さから、知らない人や家にやってきた人に対して吠えることが多く、チワワの習性的にも家族だけ、あるいは家族の1人だけに懐く傾向が強くあります。

そのため吠え癖がついてしまうと、同じ家族内でも吠えられることが頻繁に起こるようになってしまいます。小さな体ですが、甲高い「きゃんきゃん!」という鳴き声は、きちんとしつけなければ近所迷惑になることもあるので気をつけましょう。

 

2.ジャックラッセルテリア

よく吠える犬種の代表格とも言える小型犬が、ジャックラッセルテリアです。もともと飼い主と共にキツネ狩りを行っていた犬種なので、狩猟犬としての本能が色濃く残っている犬種でもあります。

そのため動くものを追いかけたり、吠えて追い込んだりといった狩猟スタイルを今でも受け継いでいる子が多いです。

また、狩猟をしている頃は吠えることで、「ここに獲物がいるよ!」と飼い主に知らせていたため、その頃の名残の影響で飼い主に何かを知らせる際、吠えてしまうことがよくあります。

 

3.ビーグル

スヌーピーのモデルになった犬種として有名なビーグル犬も、犬の中ではよく吠える犬種として有名です。好奇心が強く、人懐っこいという愛らしい性格を持つ子が多いので、人気の高い犬種でもあります。

しかし、もともとは狩猟犬だったこともあり、ジャックラッセルテリア同様、狩猟本能がとっさに働いてしまうことが多い犬種です。噛み癖や追いかけ癖、さらに吠え癖といった狩猟に必要な3つの要素を強く兼ね備えています。

感情を吠えることで伝える子が多い傾向にあるので、子犬期からきちんと正しい方法で無駄吠えのしつけを行わなければ、頻繁に吠える癖がついてしまうこともあります。

 

4.ヨークシャーテリア

愛らしく上品な見た目のヨークシャーテリアも日本では人気の高い犬種です。小さく愛らしい見た目のヨークシャーテリアですが、テリア犬に分類される犬種ということもあり、狩猟犬の血を引いています。

19世紀頃にはネズミを退治する犬として活躍していた時代もあり、賢く勇敢な性格を持ち合わせています。とても小さな体なのに対して、勇敢で負けず嫌いな性格なので、自分よりも大きな相手であっても臆することなく向かっていってしまいます。

ネズミを追いかけ捕まえていた歴史を持つ犬種なので、噛み癖や吠え癖は本能的に多い傾向があります。しつけを行わなければ、ストレスが溜まったり興奮状態に陥ったりした際に、無駄吠えを頻発する恐れがあります。

 

5.ポメラニアン

ふわふわで愛らしい見た目が世界中で人気なポメラニアンは、基本的に忠誠心が強く賢い犬種として知られています。しかし、気が強く警戒心が強い子が多いので、家族や飼い主以外に吠えてしまう傾向の強い犬種です。

賢く学習能力にも長けている犬種なので、子犬期からきちんと無駄吠えのしつけを行うことで、比較的楽にしつけを行うことは可能です。

しかし、その愛らしさから無駄吠えをきちんとしつけず、そのまま放置してしまうと、成犬になってから吠えて家族を守ろうとする傾向が見られるようになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回紹介した小型犬は、一般的によく吠えると言われている犬種なので、個体差はもちろんあります。

しかし、よく吠える犬であっても、子犬期からきちんと訓練を継続することで、無駄吠えを極力抑えることは可能です。諦めず、飼い主の責務と考えて無駄吠えの訓練は怠らないようにしましょう。
 

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
家に帰ったら犬に構ってはいけない?!
犬が何もない場所を見上げている時の心理3選!
大型犬の子犬工場を摘発!
柴犬さんを家にしまおうと試みた結果…
「メロン仮面」に変身!おとぼけ黒ラブラドール戦隊