愛犬には良質なドッグフードを食べさせたい!

愛犬には、愛犬に合った良質なドッグフードを食べさせたいと考えている飼い主さんは多いでしょう。しかし最近はドッグフードの種類も増えてきているため、ショップに行っても、どのドッグフードを選べばいいのかわからないと悩む人も少なくありません。

ドッグフードを新しく切り替える際は、ドッグフードに粗悪なものが含まれていないか、ドッグフードは良い状態で保たれているかなどを見極めることがポイントとなります。

原材料の欄や商品の保存状態などを確認し、愛犬にとってできるだけ良いドッグフードを選んであげましょう。

 

ドッグフードを買うときに見るべき点は?5つのポイントを解説

ドッグフードを新しく切り替える際、次のドッグフード選びに押さえておきたいポイントを紹介します。ドッグフード選びに迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

1.合成添加物が使われていないかどうか

合成添加物というのは、ドッグフードの保存期間を長くするために使われたり、ドッグフードの見た目を良くしたりするために使用されるものです。

添加物には天然のものもありますが、合成されて作られたものもあり、この合成添加物を多く使用しているドッグフードは、食べ続けると体に負担をかけたり発がん性のあるものも含まれます。

そのためドッグフードを購入する際は、なるべく合成添加物(BHT、BHA、エトキシキンなど)が原材料名に含まれていないものを選びましょう。

 

2.使われている肉の種類や部位が記載されているか

ドッグフードの原材料名の記載には、明確な基準が定められていません。そのため、使われている肉であっても「肉類」「副産物」などと一括にまとめて記載されているものもあれば、チキンやビーフなど肉の詳細が記載されているものもあります。

あまり気にしていないという人も多いですが、良質なドッグフードを選ぶ場合は、このように肉の種類がきちんと記載されているものを選ぶべきです。また、良質なドッグフードの中には部位まで記載されているものもあります。

明確な名称が入っている方が良質な原材料が使用されていると考えられます。

 

3.アレルギー症状が出る原材料が使用されていないか

愛犬がアレルギー体質の場合、愛犬がアレルギー反応を起こす食材が含まれていないか確認することも大切です。

よく犬がアレルギー症状を引き起こしやすい食材に「小麦」「大豆」「とうもろこし」などが挙げられます。その他にも、犬によってアレルギー反応を引き起こす食材は多くあるので、必ず原材料欄を確認するようにしましょう。

より愛犬に合ったドッグフードを選びたいと考えている場合は、まず愛犬がアレルギー症状を引き起こす食材がないか、アレルギー検査を行うと良いでしょう。

 

4.賞味期限

皆さんはドッグフードの賞味期限を気にしていますか。ドッグフードにも賞味期限があるので、購入する際は新しいものに限らず賞味期限をチェックするようにしましょう。

ドッグフードには必ず賞味期限を記載しなければいけないため、すべてのドッグフードに賞味期限の記載があります。一般的に何らかの保存料が使用されているものは、期限が年単位で長い傾向があります。賞味期限が短いものは保存料が使用されていないものが多いので、その点も念頭に置いて確認しながらフードを選ぶようにしましょう。

 

5.ドッグフードが陳列・保管されている場所

ドッグフードを店舗で購入する際は、店舗の保管状況もこっそりチェックしておくと良いでしょう。例えば、店内の温度や湿度があまりに高い場合は、ドライタイプのドッグフードも影響を受けやすいです。

他にも直射日光が当たる場所に陳列されている場合は、直射日光が当たることで劣化が早まっている可能性があります。こうした面も念の為チェックしておくと良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。なるべく良質なドッグフードを選びたいと考えている方は、まず原材料名をチェックするようにしましょう。中には「これは何が含まれているの?」と疑問点が残る記載のあるドッグフードもあるので、そうしたドッグフードは避けたほうが無難です。
 

(獣医師監修:平松育子)

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬が喜んでくれる『声のかけ方』4選
犬を飼ったらやめなければいけない『3つのこと』
ご飯を待つポメラニアンちゃんが可愛いすぎる!
ゲリラ豪雨でパニック!抱っこ紐に収まる柴犬さんに思わず胸キュン
よく落ちているコーギーさんが話題